[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい ひな祭り 雛人形 のお菓子

引千切(ひちぎり)

ひちぎり
イメージです

ひな祭りのお菓子

3月3日、弥生(やよい)の節句。いわゆる、お雛祭りのことですね。菱餅(ひしもち)や、ひなアラレなど、ひな祭りのお菓子は色々ありますが、この「引千切(ひちぎり)」は、京都で作られるひな祭りの代表的な上生菓子です。

雛祭りとは?

元々、中国の風習で、3月3日を上巳(じょうし)と呼んで、川で禊(みそぎ)をし、邪気を払ったことからきています。その日は、母子草という草を食べて邪気を払うのですが、日本にこの風習が入って後、婦女子が母子草を草餅にして食べるようになりました。(後、これはヨモギになりました。

この上巳(じょうし)の日の禊(みそぎ)がいつしか、貴族の川遊びとなり、

(…ひどいなあ。川での修行が優雅な遊びになっちゃうなんて。おまけに、草を食べて邪気を払うのが、美味しいヨモギ餅になっちゃうし…(笑))

上記草餅の風習と合わさり、川遊びが、雛遊びの行事となり、いつしか、3月3日の上巳(じょうし)の日は、女の子の祭りとして、民衆に広まったのでした。

餅を引きちぎった形

その行事の中で、子供の幸福を願う公家のお餅として登場したのが、この「引千切(ひちぎり)」というお菓子です。餅は、ヨモギでも求肥でもこなしでもいいのですが、引きちぎったような形にしなくてはいけません。その引きちぎった餅が杓子となり、その上に「きんとん」や「餡」が載せられます。

京都の老舗各店では、ひな祭りが近づくと、競って華やかなこの「引千切(ひちぎり)」が店舗に並びます。


こんなお菓子を食べてみた!

関連ネット通販商品のご紹介

powerd by 楽-yah
2007年1月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス