[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 端午の節句 こいのぼり のお菓子

柏餅(かしわもち)とは?

柏餅
イメージです

端午の節句(たんごのせっく)とは?

5月5日は、端午の節句、子供の日です。端午とは、「月のはじめの午(うま)の日」の意味。昔から、菖蒲(しょうぶ)やヨモギを使って、厄除けや邪気を払う行事が行われてきました。

その日が男の子の祭りになったのは江戸時代から。「菖蒲(しょうぶ)」が「勝負(しょうぶ)」と通じる事から、男の子らしい、勇ましさの象徴になったのです。

柏餅(かしわもち)と粽(ちまき)

この日の祝い菓子は、粽(ちまき)と柏餅(かしわもち)です。

柏餅(かしわもち)は、江戸時代に登場します。これが、何故、男の子のお菓子なのでしょうか?それは、柏の木の性質に由来します。柏の木は、新しい芽が出ると、古い葉が落ちるという性質があるため。新芽がでないと、古い葉は引退できず、成長できないんです。

このような性質にゲンをかつぎ、”跡継ぎが絶えないように”という願いがこめられているのです。

武家の子供の祝い菓子…地方によって特色が

柏餅が端午の節句のお菓子となったのは、徳川九代将軍、家重の頃。武家のお祝いに使われるようになりました。一見地味で、質実剛健なこのお菓子。お侍さんの子供のためのお菓子だったのですね。

上新粉を用いたお餅に餡をくるみ、蒸しています。

餅を貝の形にしている店もあります。これは、兜(かぶと)を模しているのだとか。柏の葉も、茶色から、青々としたもの、など、様々な種類が使われます。香りの強いものや、四国では、サルトリイバラの葉を使ったりもします。地方によっては、柏意外の葉も使われることも。

京都には味噌アンもある

たいてい、この柏餅には、コシ餡or粒アンが入っています。

が、京都では、よく、味噌餡と普通の餡入りの両方が作られます。葉の表を外側に包むのが、味噌。裏ならば、アンという風に区別するんですって。茶色の葉と緑の葉の二種類と使う老舗もあります。また、最近は、草餅味の柏餅もあります。

桜餅と違って、柏餅の葉は食べれません。お間違いなきよう。


powerd by 楽-yah
2007年3月5日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス