[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 道明寺糒 春の京菓子 のお菓子

京都の桜餅(さくらもち)

桜餅
イメージです

さくら餅は東京発祥

美しい、桜を愛でながら頬張りたい、桜餅。実は、これは、京都ではなく、東京の発祥ものなんです。

東京の長命寺のゆかりの山本新六という人が、桜の名所の隅田川の桜の落ち葉の利用法として、考案したのだとか。落ち葉から、あの桜の風味のお菓子を、発明したなんて驚きですね。(落ちる林檎から万有引力を発見したニュートンよりすごいかも…。)

関西は道明寺餅

桜餅関東の桜餅に使うお餅は、小麦粉から出来ていますが、関西は、道明寺糒(どうみょうじほしいい)を使って、ムチムチプツプツとした感触のお餅を作ります。

その道明寺餅の中に漉し餡を入れ、塩漬けの桜の葉で、巻いています。

関西の中でも京都は、更に、京都らしく、風情ある、桜餅に仕上げています。

風情のある京都の桜餅

京都で見られる桜餅は、道明寺餅を薄い桜色に染めてあるのが一般的です。また、店によって、様々な工夫をこらし、京都らしい、桜餅を作り上げています。

さくらもちある、老舗は、桜餅を「さ久ら餅」という名前で売り出したり、

また、餡入りの餅と、餡ナシの餅をペアにして、かわいく、売り出したり。

ある老舗は、漉し餡を白餡にして、それを薄紅色に染めています。(これは、平安貴族の女房の装束に見立てているそうです。表は白、裏は赤の「桜襲ね」という衣装なのだとか。典雅ですね〜。)

京都では、最近、さくら餅味のアイスなどもあります。お土産にもいいですね。道明寺餅の桜餅は、年中販売しているところもありますが、春にならないと発売されないお店もございます。今しばらくお待ちくださいね。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス