[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 水仙ちまき 羊羹ちまき のお菓子

粽(ちまき)

ちまき
イメージです

5月5日の「子供の日」の粽(ちまき)

粽(ちまき)とは、うるち米の団子を笹の葉で包んだものです。柏餅(かしわもち)と並ぶ、端午の節句のお菓子です。

9世紀頃から、5月5日に食されてきました。しかし、民間に広がるのは、江戸時代になってから。 元々は、笹ではなく茅萱(ちがや)の葉で包んでいました。だから、粽(ちまき)という名前なのです。

端午(たんご)の節句のいわれ

端午(たんご)の節句とは、月の初めの午(うま)の日を意味します。古来からこの日は悪い日とされ、邪気を払う行事を中国で行ってきました。この日には、魔よけの節会が行われていました。この行事が勇ましいので、男の子の祭の日となったのです。

粽(ちまき)には、魔よけ、厄病除けの願いが

茅萱(ちがや)の葉は、魔よけ、厄病除けの効果があるといわれています。だから、粽(ちまき)が端午の節句に食べられてきたのです。後には、葉は笹に変わりました。笹には殺菌効果があり、保存食としての食べ物、粽(ちまき)が、後に、菓子となっていったのです。

京都には色々な粽がある

粽(ちまき)といえば、「和菓子の京都」(川端道喜 岩波新書 1990年)という優れた書籍で知られる御所御用達の老舗のものが有名。笹の中は、半透明で、葛を使ったものです。そのような、葛のものは、「水仙粽」と呼ばれています。

しかし、店により、粽の中身は、 様々。団子や、羊羹、葛、外郎など。羊羹入りのは、「羊羹ちまき」と呼ばれています。味もシンプルなものや、アンコのもの、抹茶や黒糖入りなどを作るお店もあります。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年1月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス