[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい わらび餅 京都老舗伝統の味 のお菓子

餡(あん)入りの 蕨餅(わらびもち)

餡(あん)入りの 蕨餅(わらびもち)
イメージです

餡入りこそが、京都のわらび餅

先日、笹屋昌園さんの蕨餅(わらびもち)を食べてみました。それは、わらび餅の中にアンコが入っている丸いもの。非常にエロティックで美味でした。珍しいものをいただいたと、新鮮な印象を受けました。

しかし、色々な話を聞いたり、本を見たりしていると、ある発見が。珍しい、と思った私が間違っているようなのです。よくある四角のより、この、餡入りの丸い蕨餅(わらびもち)こそが、昔からの京都のスタンダードなものなのです。

餡のない四角い蕨餅(わらびもち)は関東のくず餅が変化したもの

この餡なしの四角の蕨餅京都のわらび餅といえば、四角いものに、黄な粉や、抹茶、ニッキをつけたものが人気です。

土産物屋もデパ地下でも、そのようなものが専ら。それはそれで、親しみやすい美味しいものです。しかし、この餡なしの四角のワラビ餅は、元々東京の葛餅を変化させたものなんですって!詳しくはこちら(四角い京都のわらび餅とは)

今、京都名物になっている、四角の蕨餅は、京都らしい工夫発展を遂げたものだったのですね。

上質な京都の本わらび餅

私、はじめて食べたんですね。こういう餡入りの。

しかし、京都人にとっては、この餡入りの丸いわらび餅こそが、昔から親しんできたもの

ワラビ餅で、漉し餡をまる〜く包み、黄な粉を上品にふんわり美しくかける。それは、もっぱら、お茶席などで、大事に食べられる上質なものです。蕨餅も、高純度の原料を使うため、賞味期限も早い。だから、高級品であり、お茶席や、限られた人しか食べれなかったなのです。

四角い蕨餅は、近年発達した、気軽なもので、蕨餅の純度も高くありません。(だからこそ、年中楽しめるのですが。)まったく別のお菓子と考えてもいいでしょう。

京都の餡入り蕨餅の美味しさ

この餡入りの丸い蕨餅。口に入れたときのツルリとした食感と漉し餡の甘さがたまりません。

餡入りの丸いわらび餅いやあ、お恥ずかしい。無知とはこわいものです。黄な粉もドサドサかけてしまいました。本来、もっとうっすら、雪のようにまぶされているものなんです。食べてみるまで、こんなに美味しいものが京都にあるなんて知らなかったんです。

京都人が京都らしいと思うワラビ餅は、餡入り、丸いもの

餡入りの丸いわらび餅この餡入り蕨餅(わらびもち)は、京都の人々が、昔から、愛してきた上質のお茶菓子

色々な蕨餅あれど、この餡入りの丸いものが、もっとも古く、高級で、由緒あるものだともいえましょう。

わらび餅自体、年中出回っています。が、わらび粉自体、早春にとれるもの。年中食べられる四角のわらび餅とは違い、本物のワラビ由来の粉を使用した、このようなワラビ餅は季節物だと考えるお店もあります。そのようなお店は購入時期には注意が必要です。

京都の人は、このコシ餡の入った本蕨餅は、3月〜6月ごろに召し上がるようです。

京都の老舗では、喜仙堂、嘯月、先斗町駿河屋などが有名です。

ネット通販では、餡入りワラビ餅は、笹屋昌園及び、月乃ぴょん屋で販売されています。笹屋昌園さんのは、京菓子の老舗らしい、ワラビ粉の品質にこだわった上質な味。これぞ、京都の蕨餅という味。

一方、月乃ぴょん屋さんは、若い女性受けする、かわいらしい包装で人気。気軽に親しみやすいもの。各店に個性があります。

あなたも、京都の「ほんまもん」をいかがですか?


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年4月25日記 | 補足・修正 2007年5月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス