[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 調布(ちょうふ) 夏の京菓子

鮎(あゆ)の和菓子とは?


イメージです

あゆのように色っぽい夏のお菓子

初夏、和菓子屋さんの店頭には、鮎の形をしたお菓子が並びます。

鮎漁解禁は、6月はじめ。「鮎」は夏の季語でもあります。京都では、鱧(はも)と同じく、鮎を焼いたものが、ご馳走です。

水を泳ぐ鮎は、非常にエロティック。(まるで、浜崎あゆみちゃんのよう…)それを表現するかのような、鮎菓子。これは、一体どのようなものなのでしょうか。

鮎のお菓子とは?発祥は、名古屋?京都?

今では、全国どこでも見られる鮎のお菓子。「若鮎(わかあゆ)」という名前で親しまれています。

鰻(うなぎ)パイのようにアユの粉を使っているわけではありません(笑)。アユの形をしているだけです。

京都の夏の代表銘菓のひとつでもあります。「若鮎」といえば、京都、という人もいます。その姿は、京都の川、鴨川(かもがわ)の鮎を表現しています。

名古屋が発祥であるとの説もあります。が、はっきりしていません。岐阜のものは、長良川や、美濃川の鮎を現したものだとか。各地の地元の川。そこの鮎に親しみを込めて作られているのでしょうね。

中身は、地方によって様々。京都は求肥(ぎゅうひ)

京都の若鮎には、必ず求肥(ぎゅうひ)が入っています。

他、関西でも求肥が一般的なようです。岐阜や、名古屋では、味噌あん入りのものも。他、関東では、餡子などを使っているようです。

京都は、調布のものや、干菓子風の皮。でも中は、必ず求肥(ぎゅうひ)

京都では、若鮎の皮は、店により違います。パリパリした煎餅風の干菓子のもの。あるいは、どら焼き・カステラのような、調布(ちょうふ)のもの。この二種類に大別できます。

(ちょうふ=「調布」とは昔の律令制の布の意味。小麦粉・卵・砂糖の生地を薄く焼いたもの。布の調布に似ていることから、この名前がついた。鮎菓子そのものを「調布」と呼ぶこともある。)

京都ものは、鴨川、加茂川をイメージして作られている。

京都の鮎菓子は、ほとんど、鴨川のアユをイメージして作られています。

有名なのは、京華堂利保(きょうかどうとしやす)の「京あゆ」など。数多くの店が夏の鮎菓子を販売しています。近年は、ネット販売するお店も多いようです。夏の進物としても、人気があります。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年5月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス