[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏の上生菓子 道明寺(どうみょうじ)とは?

道明寺羹(どうみょうじかん)とは?

道明寺羹(どうみょうじかん)
イメージです

道明寺(どうみょうじ)とは

道明寺(どうみょうじ)とは、ご飯を乾かして、保存食にしたもの。この乾燥穀物(かんそうこくもつ)を材料に、様々なお菓子が作られます。

道明寺羹(どうみょうじかん)とは

道明寺羹(どうみょうじかん)とは、道明寺糒(ほしいい)を使った上菓子。琥珀(こはく)や、錦玉(きんぎょく)などの寒天菓子に道明寺をとかして、型にはめたものをいいます。別名、みぞれ羹ともいわれます。みぞれに似ているところから、この名前で呼ばれているのです。

宇宙的な美しさ

道明寺羹(どうみょうじかん)寒天の中で、キラキラ道明寺が光るさまは、涼しげ。

芸術的な深みのある姿は、まるで銀河のよう。

道明寺羹(どうみょうじかん)は、涼しげな夏のお菓子です。上生菓子になることが多く、夏のお茶席等を美しく演出します。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年5月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス