[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 氷の御調(ひのみつき) 琥珀(こはく) のお菓子

氷室(ひむろ)とは?

氷室
イメージです

氷が手に入らない時代には…

ガコーン、と日に何度か、冷蔵庫から音がします。そう、冷凍庫の製氷機が動いているのですね。便利な時代になりました。ほしいときに何時でも氷があるのですから。

冷蔵庫なんて、ない時代、氷は、大変な貴重品でした。冬の間にとっておいた氷を氷室(ひむろ)というところに置いておき、夏に使います。氷室とは、現在の冷蔵庫のような役割をする、貯蔵庫。山の中の涼しい所に、草や茅(かや)で覆っておき、氷を保存するのです。

氷室の節句とは?

御所では、陰暦6月1日を「氷室の節句」と呼び、貯蔵しておいた氷を出して、朝廷や、幕府の諸侯にふるまわれました。氷の御調(ひのみつき)という行事です。

水無月しかし、これは、身分の高い人だけのもので、庶民には手に入りません。

京都の人々は、水無月という外郎を氷にみたてたお菓子で、涼をとり、邪気を払ったのです。

水無月(みなづき)ってどんなお菓子?という方はこちらにどうぞ

氷のようなお菓子

夏には、菓子銘に氷室(ひむろ)とつけたお菓子が、登場します。また、「氷」そのものも、菓子銘によく使われる名前。涼しげな意匠で、氷や氷室を表現しています。葛や、琥珀羹を使い、透明感を出し、繊細な涼しさを演出しています。

京都のさまざまな意匠

京都では、柏屋光貞の「京氷室」が有名。氷室の氷を三角の琥珀菓子にした、研ぎ澄まされた上品な美しさは、かつての氷の御調(ひのみつき)の人々の氷に対する憧れを偲ばせます。

こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年3月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス