[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 祝い菓子 嘉祥の日 のお菓子

嘉祥菓子(かじょうがし)とは?

嘉祥菓子
イメージです

嘉祥(かじょう)の日とは?

6月16日は、「嘉祥の日」です。この日に、菓子を16種類食べるといいと言われています。由来は、諸説あるものの、848年、平安時代、嘉祥(かしょう)という年号の時にはじまったといいます。

除災招福に霊験あらたかなのだとか。室町から明治までの行事でした。しかし、いつしか、菓子は7種類に。16の1と6を足した7種類。さすがに、16種類は昔の人も食べきれなかったのでしょうね。

この日は和菓子の日

この日は、なんと、「和菓子の日」なんですって!全国和菓子協会が定めたということです。意外に知られていないので、残念。バレンタインデー以上に、日本に広まれば、和菓子業界も、もっと活性化するでしょうに…。

虎屋が復元した!

現代は、嘉祥菓子は売り出されていません。しかし、虎屋が、古い記録を元に、復元しました。虎屋は、長年、御所御用達だったのです。外郎や、松風等、個性豊かな7種類です。6月10日〜16日のみ、販売されます。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年3月5日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス