[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏の上生菓子 琥珀(こはく) のお菓子

錦玉(きんぎょく)とは?

錦玉(きんぎょく)とは?
イメージです

錦玉(きんぎょく)

錦玉(きんぎょく)とは、寒天を溶かして作るお菓子の事です。糸寒天を煮て、溶かし、砂糖を加えて煮詰めます。それを冷やして固めたものを錦玉(きんぎょく)といいます。

美しい透明感を演出できるので、夏の上生菓子によく使われます。錦玉(きんぎょく)を用いて、キラキラした光の様子や、涼しげな水辺、氷の美しさなどを表現することができます。夏の和菓子には、なくてはならないものです。

琥珀(こはく)の別名

実は、同じ寒天菓子の「琥珀(こはく)」と同じで、同意語なのです。作り方も同じです。琥珀の別名であるとしている文献も多くあります。宝石のような美しさがあるので、琥珀(こはく)あるいは、錦玉(きんぎょく)と呼ばれたのです。

しかし、琥珀(こはく)という用語が半生菓子や棹物にも使われるのに対し、錦玉(きんぎょく)は、上生菓子に用いられる事が多いように感じられます。しかし、地方や店よって、琥珀羹(こはくかん)を錦玉羹(きんぎょくかん)とも呼んでいます。よって、違いはほとんどないと考えていいでしょう。

錦玉(きんぎょく)色々

錦玉(きんぎょく)の色のついていない透明のものは、「無地錦玉(むじきんぎょく)」。また、「白琥珀(しろこはく)」もしくは「銀玉(ぎんぎょく)」とも呼ばれます。

夏が近づくと、錦玉(きんぎょく)製の生菓子を京都でも多く見ることができます。

こんなお菓子を食べてみた!

錦玉(きんぎょく)の別名、琥珀(こはく)とは?
楽天で買える錦玉(きんぎょく)のお菓子
Yahoo!で買える錦玉(きんぎょく)のお菓子
powerd by 楽-yah
2007年5月9日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス