[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 琥珀菓子 したたり等 のお菓子

琥珀(こはく)・琥珀羹(こはくかん)とは?

琥珀
イメージです

宝石の琥珀(こはく)からきた名前

京都の和菓子☆ドットコム 琥珀菓子は、その名の通り、琥珀に似ている、という事からつけられました。琥珀とは、地中で、樹脂が化石化した黄色の美しい色が見事な透明感のある宝石です。

別名、「錦玉(きんぎょく)」ともいいます。

作り方、材料は?

寒天と砂糖を原料にしています。葛(くず)や、卵白、道明寺粉(どうみょうじこ)を加えて変化を加えることがありあます。琥珀の黄色は、くちなしの実で出します。

琥珀菓子しかし、現在では、黄色のものだけを琥珀菓子というのではなく、寒天を使った透明感のあるお菓子を、全般的に琥珀菓子(こはくかし)・琥珀糖(こはくとう)と呼びます。また、色をつけていない透明のものは「白琥珀」もしくは「銀玉」と呼ばれます。

「琥珀羹(こはくかん)」は、この琥珀菓子を箱に流し入れ、冷やした棹ものを指します。

また、「琥珀糖(こはくとう)」は、寒天と砂糖を煮詰めて、固めたものです。シャリシャリとした食感と、宝石のように美しい姿です。

涼しげなお菓子

琥珀菓子葛菓子と並んで、夏のお茶席に用いられます。

琥珀の美しい透明感は、涼しげな意匠を生みだします。葛のフルフルとした感触とは違う、寒天特有の硬質な風情があります。

京都の有名琥珀菓子

したたり有名なものに、寺町の老舗には、その名も「琥珀(こはく)」、という深い琥珀の宝石のようなお菓子があります。

また、祇園祭の菊水鉾(きくすいぼこ)のゆかりのお菓子「したたり。黒砂糖で作ってある、露のしたたりをイメージした、美しいものです。

ネットでは、京菓子工房 都の琥珀糖(こはくとう)が、上品な甘さと姿で人気です。


こんなお菓子を食べてみた!

2007年3月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス