[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 水饅頭(みずまんじゅう) 水仙饅頭(すいせんまんじゅう)

葛饅頭(くずまんじゅう)とは?水饅頭(みずまんじゅう)とは?

葛まんじゅう
イメージです

夏のふるふる涼しいお菓子

ふるふるした感触、口に入れるとサラリと溶ける、葛の優しい味の饅頭。これが、葛まんじゅう。京都は、くずきりをよく食べますが、この葛饅頭も夏の人気のお菓子です。

京都の上生菓子の部類の葛まんじゅう。それは、餡を美しく染めたものを葛で包んだもの。お茶席などに用いられます。

吉野葛(よしのくず)を用いたものが人気があります。

葛饅頭(くずまんじゅう)とは?

水まんじゅう中国では、葛の饅頭を水晶包子とも言います。

水晶のような透明感のある美しさは、夏にぴったりのお菓子です。

葛饅頭は、別名、水饅頭、水仙饅頭ともいいます。

上生菓子以外の葛まんじゅうの意味とは?

しかし、「葛まんじゅう」という用語は、上生菓子以外にも用いられます。葛との名はありますが、葛を使ったものとは限りません。夏の和菓子における総称的な意味もあるのです。蕨粉(わらびこな)を使用した、水饅頭もあります。

四角い蕨餅葛粉を使った上生菓子とは別に、四角い蕨餅や、ドーム型の冷やして食べる夏の饅頭の総称であるとする説もあります。原料は、葛に限らず、蕨(わらび)や、寒天、甘藷デンプン等を用いた菓子。

つまり、夏のフルフルした、冷たい菓子全般を葛饅頭ともいうのです。

水まんじゅうとは?

同じく水饅頭も、定義がはっきりしていません。白っぽいドーム型をした水饅頭が、その総称と考えていいでしょう。

伊那食品という会社が開発した「水まんじゅうの素」を使用したものであるとする考え方もあるようです。蕨粉を用いたものは、ほとんどありません。が、このドーム型の水まんじゅうと、四角い蕨餅の魅力を合わせたもので、蕨の入った「京わらび餅」といわれるものも近年登場しました。

これら、水まんじゅうや、総称である葛饅頭は、上菓子の葛饅頭と比べ、親しみやすいものです。贈答にも御中元にも用いられます。

暑い日、アイスクリームもいいですが、よく冷えた水まんじゅう。これが冷蔵庫にあれば、疲れもふきとびそうですね。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年3月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス