[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏のお菓子 外郎(ういろう)小豆のお菓子

水無月(みなづき)

水無月(みなづき)
イメージです

夏を迎えるにあたっての邪気払いのお菓子

小豆を外郎(ういろう)に載せたこのお菓子、「水無月(みなづき)」といいます。小豆は、魔よけの力を持つ邪気を払うものとして載せています。また、三角の形をしているのも、魔よけ、厄病よけ、の意味が込められているのだそうです。

外郎(ういろう)って何?という方はこちらへ

6月30日には、「夏越しの払え(なつごしのはらえ)」という行事が行われます。京都の各神社で、暑い夏になる前の穢れや災いをはらう神事が行われるのです。

このお菓子は、古来より、その6月30日に、食べるもの。京都の人々が、厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食してきたものです。

白い外郎(ういろう)は氷をあらわす

下の白い外郎(ういろう)は、氷をあらわしているのだそうです。なんでも、古来より、氷室という洞穴などで、氷や雪が冬のうち保管され、水無月(みなづき)=6月の頃、朝廷や幕府に献上されたとの事。当時、庶民には、雪や氷は超高級品でした。それなら、せめて、氷をウイロウでつくり、氷で涼をとったつもりになるお菓子として食べよう!とつくり出されたのがこの御菓子なんですって。

6月30日の京都人の習慣

私は、昔から、結構この「水無月(みなづき)」をあちこちで食べたので、全国的なお菓子だと思っていました。しかし東京人の連れ合いが「知らん!」と言って、はじめて、京都特有の習慣だと知りました。

買っても美味しいです。各老舗、それぞれの特徴があり、みなさん、お気に入りの和菓子屋さんがあるようです。

が、結構みんな自分の家で作ってましたよ。家で作って夏を迎える気分を家族で味わうのも、お勧めです。(こちらのサイトに作り方が出てました!

こんなお菓子を食べてみた!

外郎(ういろう)って何?
上新粉などの和菓子材料はこちらへ
楽天で買える「水無月(みなづき)」
Yahoo!で買える水無月(みなづき)
powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス