[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏の水ようかん 京都の水羊羹 のお菓子

水羊羹(みずようかん)とは?

水羊羹(みずようかん)とは?

ツルリ、ひんやり。水羊羹(みずようかん)。夏に欠かせない和菓子です。

小豆(あずき)と砂糖と寒天と水。それが、ベーシックな材料です。水の割合が多いため、つるりとした食感が特徴です。

水羊羹(みずようかん)
イメージです

水ようかん のはじまり

水羊羹は、江戸時代半ばごろ、はじまりました。もともと、葛(くず)や小麦粉が材料となっていました。後、寒天(かんてん)が使われるようになります。

「水ヨウカン仕様」という練羊羹の作り方が江戸時代の文献に残っています。練羊羹を作る過程で、水を入れるそうな。

水羊羹の定義としては、一般的な練羊羹の水の配合の多いものとも考えられるようです。それだけに、水の美味しさが水羊羹の味を左右するともいいます。

そもそも、羊羹(ようかん)ってなに?という方はこちらへ

シンプルな夏の和菓子。技量と、水の味が勝負!

シンプルなお菓子。そのため、職人の技量が問われます。粒アンの水羊羹もあります。が、漉し餡を使って、滑らかな舌触りに仕上げてあるのが一般的。

水を使った餡子のお菓子、水羊羹。水の美味しさが勝負のお菓子です。漉し餡作りにも水は大量に使います。全国でも際立って良質の水が和菓子に使われる京都。水羊羹の名品が多くあります。

水ようかん

水々しく、柔らかく、口どけがよい。き〜んと冷やして食べると、極楽の味♪普通の羊羹が苦手でも、水羊羹なら、という人も多いようですね。

カップに入ったものが近年多くなっています。茶巾しぼりの一口サイズのものなども工夫がこらされています。昔ながらの、切り分ける、棹状の水羊羹も風情があり、捨てがたい。

京都では、特に、竹に入ったものが、人気です

冬に水ようかん?

夏の進物に欠かせない、水羊羹。ですが、冷たいこのお菓子は、冬に作り、食するのがベストと考えている地方もあります。それは、日光や、富山。冬のコタツで、食べる水羊羹もオツなものでしょうね。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年5月30日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス