[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい お盆の御供え 仏前のお供え のお菓子

お盆のお菓子 お供えの落雁(らくがん)とは?


お供えのお菓子は、宗派・地方によって違いがあります。

落雁(らくがん)とは?

落雁お彼岸や、お盆が近づくと、各和菓子店で「お供えの落雁(らくがん)」が並びます。

落雁(らくがん)とは、干菓子(ひがし)のひとつ。寒梅粉(かんばいこ)などの穀物の粉を型に入れて作ります。

江戸時代に落雁の技術は発達し、豪華なものが作られました。日持ちもし、華やかであることから、不祝儀やお祝いに落雁は使われてきたのです。

お盆の落雁ってどんなの?

お盆やお彼岸の仏前の落雁。

その形や味は、地方や宗派によって差はあるものの、
蓮(はす)の花 蓮(はす)の実 蓮(はす)の葉

仏様のお花である、蓮(はす)をかたどったものが多いようです。

また、果物や野菜の形のものも、見受けられます。

京都のお盆とは?

京都では、お盆の時には以下のような和菓子のお供えがあるそうです。

● 8月13日には、「お迎え団子」という、あんこのついたお団子。

● 14日には、おはぎ

● 15日には、「お送り団子」。

他、「おけそくさん」と呼ばれる甘い小さなお餅。上記のような蓮の落雁もお供えします。果物や野菜を蓮の葉に載せたりもします。

大文字 送り火16日は、有名な、「大文字の送り火」でもって、京都人は、先祖の魂を送ります。

8月22〜23日は地蔵盆が行われます。そこでも落雁がお供えされます。地蔵盆は、一般的なお盆とは違い、子供たちを守るお地蔵さんのお祭りのことです。


powerd by 楽-yah
2007年7月25日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス