[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏の京都のお菓子 レンコンのスイーツ のお菓子

蓮根餅(れんこんもち)とは?

蓮根餅(れんこんもち)
イメージです

レンコン餅とは?

蓮根(れんこん)というと、あの穴のあいた野菜。蓮根餅(れんこんもち)というと、お惣菜のひろうす(飛龍頭(ひりゅうず)ともいう)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし、和菓子の蓮根餅(れんこんもち)とは、原料に蓮根のデンプンを使用したお菓子を指します。蓮根粉は、はすの澱粉ともいいます。蓮の花の茎からとれる、デンプンだからです。ビタミンやミネラルが豊富で、健康食品としても人気があります。

蓮根粉を使ったスイーツ

蓮根餅は、「蓮根まんじゅう」と呼ばれることもあります。蓮根の形は、まったくとどめていません。餅と名前がついていても、伸びる餅のようでもありません。どちらかというと、葛やわらび餅のような、デンプン質のプルプルモッチリとした部類のお菓子です。琥珀色や、茶色が特徴です。

京都の蓮根菓子とは

レンコンを使ったお菓子は、隠れた京都の人気の味覚です。羊羹の形をしていたり、笹で巻かれていたりします。黒糖を使い、趣のある味覚に仕上げている老舗が多いようです。

あべやでは、わらび餅にレンコン粉を配合して、独自の食感を出しています。

老松(おいまつ)の「れんこん餅」も人気です。

和久傳(わくでん)の西湖(せいこ)

和久傳(わくでん)の西湖(せいこ)特に知名度が高いのは、京都 紫野和久傳(わくでん)の「西湖(せいこ)」でしょう。

ひとつ、50キロカロリーというヘルシーなお菓子。しかし、手間のかかった良質な味わいは、まさに京菓子の真骨頂。全国的にファンが多いお菓子です。

夏の味覚や、進物としても人気があります。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年5月30日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス