[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい カステラ 花背(はなせ) のお菓子

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)

どんなお店なの?

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)明治18年創業。

京都四条の高倉通りにあります。四条大丸のすぐ前です。

素朴な門構えの店に一歩踏み入ると、年季の入ったレトロな雰囲気。不思議な懐かしさがあります。

このお店の店員は、ナイスミドルのおじさまがた。知的で丁寧な接客。上品な物腰の京都の紳士に酔いしれます。

どんなお菓子があるの?

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)平安神宮の銘菓「大極殿(だいごくでん)」や、民芸のような菓子「花背(はなせ)」が人気。

昔なつかしい、素朴な甘さがしみじみとする、南蛮菓子の名店です。

この店の初代は、明治時代、長崎で、カステラの修行したのだそう。なので、カステラの名店として知られています。しかし、干菓子や饅頭、上生菓子もあります。

夏は、「レース羹(かん)」というレトロな美しい琥珀のお菓子も評判。そばぼうろの「松葉」もキュートです。

どんな包装・パッケージなの?

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)

明治や大正にタイムスリップしたかのような、レトロな包装。京都好きの乙女にはたまらないはず。職人技の鮮やかな手つきで、ひとつひとつ丁寧に菓子を包装してくれます。それを見に行くだけでも、実店舗に行く価値ありですよ。

サイトと通販情報

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)さんのホームページはこちら http://www.inoda-coffee.co.jp/miyabi/shohin/daigokuden/です。ネット通販は、今の所(2007年8月)はありません。が、電話注文で地方発送があるそうです。関西の各百貨店でも購入が可能です。


管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ



▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス