麩嘉(ふうか)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の麩まんじゅう 生麩(なまふ) のお菓子

麩嘉(ふうか)

どんなお店なの?

麩嘉(ふうか)京都の麩饅頭といえば、この麩嘉(ふうか)が有名です。

しかし、このお店は、和菓子屋ではなく、麩の専門店です。お菓子というより、料理の素材としての生麩(なまふ)を販売製造しています。江戸時代後期、文化文政年間創業になります。 

麩は、飛鳥時代に中国から伝来し、奈良時代に発展しました。生麩は、京料理になくてはならぬものです。

どんなお菓子があるの?

麩嘉(ふうか)の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」生麩を”あん”で包み、笹で包んだ「麩まんじゅう」は、今や、京都の名物。

このお店の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」は、マスコミや著名人にもよくとりあげられる有名なもの。

非常にすがすがしい味がし、清涼感があります。

秘密としては、まんじゅうに練りこんだ、「青海苔(あおのり)」。笹と海苔のすがすがしさ。老舗ならではの、上質な生麩の味。他店にはない、最高級の品の良さとクオリティをもたらしています。

どんな包装・パッケージなの?

麩嘉(ふうか)の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」←錦市場での1個売り

上品で、質のいい包装。なにより、笹で包んである、清々しさが、喜ばれる商品。

サイトと通販情報

ホームページは現時点(2007年11月)ではございません。麩嘉(ふうか)についての他サイトの案内はこちらです。オンライン通販では、高島屋が行っています。

錦市場や、京都内の百貨店の地下でも購入できますが、売り切れが早いです。賞味期限は、非常に早いものなので、進物にされる際は、気をつけてください。

powerd by 楽や

高島屋サイトで購入可能です。”麩嘉”と検索してください。 >> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ

2007年11月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス