[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 真盛豆(しんせいまめ) 京都ブランド認定商品 のお菓子

金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)

どんなお店なの?

金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)「真盛豆(しんせいまめ)」安政3年(1856)創業のお店。「真盛豆(しんせいまめ)」一筋で、140年、京都市上京区の下長者町で暖簾をあげています。

真盛豆(しんせいまめ)」は、室町時代、天台宗の開祖、真盛上人が伝えたものといわれています。最初は、炒った黒豆に、大根の葉を挽いた粉とまぶしたといわれています。 この方法が、後に京都北野上七軒の真盛山西方尼寺に伝わりました。

後、天正15年の豊臣秀吉の北野大茶湯会の折、この「真盛豆(しんせいまめ)」は、ことさら、賞賛され、茶菓子にピッタリとのお墨つきを得ました。

明治初年、真盛山西方尼寺から、金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)の初代に製法が伝えられ、改良をかさね、現在のようなものになりました。

どんなお菓子があるの?

金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)「真盛豆(しんせいまめ)」真盛豆(しんせいまめ)」の歴史は、上記のとおりです。

現在の「真盛豆(しんせいまめ)」は、黄な粉を蜜で溶いた州浜で、香ばしく炒った黒豆を包み、青海苔をまぶしています。京都ブランド認定商品にもなっており、京都駅周辺のデパートでも購入することができます。

他の菓子には、落雁の「京の纏(まとい)」が重厚な風味で人気です。

どんな包装・パッケージなの?

金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)「真盛豆(しんせいまめ)」金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)「真盛豆(しんせいまめ)」金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)「真盛豆(しんせいまめ)」

「真盛豆(しんせいまめ)」は、京都ブランド認定商品に似つかわしく、風情と上品な京都らしい、包装です。また、笠入りや、利休井筒という、色鮮やかな容器にも入れられて販売されていてます。風情があり、通好みの方には、大喜びでしょう。

サイトと通販情報

金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)さんのホームページは、現時点(2007年4月)ございません。京都らくたびコラムさんの別記事もご参照ください。

通販情報も今のところございませんが、金谷正廣菓舗(かなやまさひろかほ)さんの商品は、上京区の本店の他にも、京都駅周辺のデパート・土産店でも購入することができます。

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ

2007年4月17日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス