二條若狭屋(にじょうわかさや)二條若狭屋

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 二條若狭屋(にじょうわかさや) のお菓子

二條若狭屋(にじょうわかさや)

どんなお店なの?

大正6年に、総本家若狭屋で、 修行した、初代が暖簾分けをされたスタートしたお店。二条城の東に位置するところにあります。 初代は、芸術家肌で、奇抜なアイディア満載の人で、話題の絶えない人だったそうです。

どんなお菓子があるの?

やきいもそのアイディアマンの初代が 考案した、 「家喜芋(やきいも)」が代表銘菓です。

また、栗を使ったお菓子、「やき栗」「ふく栗」も人気の商品です。

パッケージの情報

不老泉「家喜芋(やきいも)」のお使い物用の包装は工夫されています。 饅頭を掘り立ての芋のように見せるため、風情のある竹ざるに入れ、 家喜芋の印が押された、オリジナルの布巾がかけられています。そのカワイイ、ユーモアに和み、 どんな人も思わずニッコリしてしまうとか。布巾は隠れた人気があり、 プレミアがつきそうです。

また、懐中汁粉の「不老泉」は、徳力富吉郎という、西本願寺の代々の絵師の方の手になるもの。大正時代から、このパッケージデザインで、婦女子の人気を集めています。

通販とサイト・ホームページ情報

二條若狭屋(にじょうわかさや)さんのサイトはこちら http://www.kyogashi.info/です。 JR東海さんの情報をご参照ください。 地方発送はあるそうです。 また、京都の百貨店でもお買い求めが可能です。

powerd by 楽や

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ

2006年11月記 | 補足・修正 2007年3月30日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス