大原女家(おはらめや)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい かま風呂 祇園しょこら のお菓子

大原女家(おはらめや)


祇園しょこら

どんなお店なの?

創業は明治三十年(1897)になる老舗です。

最初は、神戸での営業でしたが、明治四十年に京都に拠点を置いています。 「一品一店舗主義」で京都祇園を中心に五〜六店舗を運営していました。 戦後は、東山区の店舗をはじめ、各百貨店等で営業販売をしています。

どんなお菓子があるの?

京都八瀬には、かま風呂という、湯治場があります。初代当主は、八瀬で インスピレーションを得、故事にちなんだ菓子「かま風呂」を大正十四年に発売。 独自の製法で柚子を調合した白餡のお菓子です。 かま風呂をかたどった可愛らしい意匠で絶大な人気を誇っています。

また、傘の形をした、「わすれ傘」という最中も人気。知恩院七不思議の左甚五郎の忘れ傘にちなんで作られた、風情のあるものです。

また、和洋の新しい試みで、創意工夫をこらされて作られた「祇園しょこら」。バレンタインにも人気の和菓子のラインナップです。

どんな包装・パッケージなの?

京都・祇園のムードいっぱいの包装や、紙袋。

お土産ものというだけでなく、気軽なプレゼントとしても、喜ばれる包装です。

サイトと通販情報

大原女家(おはらめや)さんのホームページは、こちら http://www.oharameya.co.jp/です。京都・祇園らしい品のいいサイト構成になっています。

また、通販は以下のサイトでなされています。

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ

powerd by 楽や



▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス