本家尾張屋(ほんけおわりや)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 本家尾張屋(ほんけおわりや) のお菓子

本家尾張屋(ほんけおわりや) 京都の蕎麦の老舗中の老舗

尾張屋
↑烏丸店 清潔で、歴史を感じさせる門構え。蕎麦板の看板の字がいかにも、美味しそうです。

どんなお店なの?

応仁の乱の前年の1465年、この本家尾張屋(ほんけおわりや)の創業です。蕎麦を使ったお菓子も人気ですが、 京都の美味しい蕎麦屋さんとして、親しまれてもいます。江戸時代には、御用蕎麦司として、 御所の御用達となり、宮中にそばを打ちに行った歴史があります。現在も、宮家の来京に際して、 道具一式をもって、作りにいくという、京都の蕎麦所の老舗中の老舗です。 食事としての蕎麦の食事が出来る店舗や、甘味どころもあり、「蕎麦白玉ぜんざい」など、魅力的なメニューです。

どんなお菓子があるの?

本家尾張屋(ほんけおわりや)軽く焼き上げた「そばぼうる」(いわゆる、そばぼうろ)をはじめ、そば饅頭である「そば餅」があります。また、特に京都の代表銘菓として有名なのは、「蕎麦板(そばいた)」。薄い蕎麦粉を使った焼き菓子ですが、一枚一枚丁寧に手焼きしたもので、そばの風味が香ばしく、人気です。

パッケージの情報

尾張屋
↑「そば餅」「蕎麦板」の包装およびオシャレなマッチ

尾張屋尾張屋創業540年余という歴史にふさわしい上に、デザインに趣向がこらされた渋い包装です。

特に蕎麦板の入っている円柱のケースは、昔のそば打ちの絵がグレー地に印刷されていて、蓋のロゴといいバランスでPOPでかわいい。

また、マッチは蕎麦を意識したような、濃い茶色で、とても、粋なデザインで、使うのがもったいないです。

どんなサイトなの?

本家尾張屋(ほんけおわりや)さんのサイトはこちら http://www.honke-owariya.co.jp/です。見やすいサイトデザインで、英語版もあり、お菓子だけでなく、蕎麦の注文もできます。進物に重宝しそうです。

powerd by 楽や

高島屋サイトでも購入可能です。”尾張屋”と検索してください。 >> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
Yahoo!で買える「本家尾張屋(ほんけおわりや)」の商品

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ



▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス