総本家駿河屋(そうほんけするがや)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 総本家駿河屋(そうほんけするがや) のお菓子

総本家駿河屋(そうほんけするがや)

どんなお店なの?

室町年間中期(寛正2年-1461年)に創業。現在本社は、和歌山 にあります。

が、京都伏見ではじまり、豊臣秀吉の茶会で、「伏見羊羹」別名「紅羊羹」を絶賛された歴史があります。

従来「蒸し羊羹」しかなかった羊羹を、寒天を入れて改良した、今日の「練羊羹」を最初につくったのが、この「総本家駿河屋(そうほんけするがや)」です。

万治元年(1658年)五代目当主の時、徳川頼宣公に召抱えられ、駿河、紀州和歌山へとともに移り、和歌山の菓子司となります。しかし、創業の地の伏見を、「総本家」としました。 元禄2年(1689年)には、徳川家ゆかりの「駿河屋」という名前になっています。

どんなお菓子があるの?

 「総本家駿河屋(そうほんけするがや)」といえば、 上記秀吉に絶賛された鮮やかな紅の羊羹「古代伏見羊羹(こだいふしみようかん)」が代表銘菓です。

現在、京都伏見工場で作られています。丹波の糸寒天に、阿波の和三盆、備中の白小豆を使う練羊羹は、上品な甘さとやさしい風味、 そして、何よりも元気の出そうな美しい、紅色で 人気があります。祝い菓子としても、おすすめのお菓子です。また、この会社の「夜の梅」は、虎屋のものとはまた違う味わいで、 表明の砂糖のシャリシャリ感が美味しいです。

パッケージの情報

老舗らしい、高級感のある進物包装です。

通販とサイト・ホームページ情報

総本家駿河屋(そうほんけするがや)さんホームページはこちらです。練羊羹の発祥の会社でもあり、羊羹に力を入れている印象がありましたが、京あられや、現代的な創作京菓子のラインナップも魅力的です。

powerd by 楽や

高島屋サイトでも購入可能です。”総本家駿河屋”と検索してください。 >> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
楽天で買える総本家駿河屋(そうほんけするがや)のお菓子
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス