俵屋吉富(たわらやよしとみ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 俵屋吉富(たわらやよしとみ) のお菓子

俵屋吉富(たわらやよしとみ)

どんなお店なの?

俵屋吉富(たわらやよしとみ)上京区の室町通りにあります。現代、宮内庁、各寺社の御用達でもある、 質の高い和菓子の老舗です。

創業は、江戸時代、宝暦5年(1755)、俵屋惣兵衛が澤屋播磨御菓子司に奉公し、 相続したのが始まりです。1845年、御所より、「澤屋播磨一房」という名前を賜ります。

大正13年に、屋号を俵屋吉富(たわらやよしとみ)と改めました。 店主は、「菓匠歳時記」という非常に素晴らしい本の作者でもあります。また、 京菓子資料館を作ったり、と 京菓子の普及活動に力を入れています。資料館は、京都観光名所としても人気があります。

どんなお菓子があるの?

俵屋吉富(たわらやよしとみ)相国寺の狩野派の絵画から、 インスピレーションを得た「雲龍(うんりゅう)」。戦後の京菓子博覧会で、革命的な感動を人々にもたらしました。

以来、棹菓子新しい歴史を開いたものとして、 上等なお使いものとして、愛されています。雲龍もスタンダードなものから、 白雲龍、黒糖雲龍など、色々なバリエーションがあります。

他、季節感のある上質な生菓子等が人気があります。

パッケージの情報

龍の絵をあしらった包装に熨斗が巻いてあるのが「雲龍(うんりゅう)」のパッケージ。

高級感があり、お使いもの、進物にも最適です。

通販とサイト・ホームページ情報

俵屋吉富(たわらやよしとみ)さんのサイトはこちら http://www.kyogashi.co.jp/です。 ネットでの販売は以下でもされています。

百貨店サイト▼
いずれも「俵屋吉富」と検索してください。◆高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ ◆<大丸>デパ地下人気スイーツ

powerd by 楽や

管理人のレビュー

管理人、私、萩谷がこのお店のお菓子を食べたレビューはこちらへどうぞ

2006年11月記 | 補足・修正 2007年5月9日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス