子供が喜びそうな京都のお菓子屋さん

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の和菓子のお店 紹介

子供が喜びそうな京都のお菓子屋さん

和菓子離れの傾向のある子供でも大喜びする京菓子店です。

50音順 

あ行

阿闍梨餅(あじゃりもち)→満月(まんげつ)という店名をご覧ください。
阿闍梨餅(あじゃりもち)を作る店は、満月(まんげつ)です。

か行

仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門(あだち おとえもん)
仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門(あだち おとえもん) 和三盆ケーキや、1万円する、丹波栗のパウンドケーキが有名。モデルや女優の御用達。マスコミや雑誌に頻繁にとりあげられてます。最近は、TBSの 「うたばん」 でも紹介されている。
釜なりや(かまなりや)
東京の食品企画会社、株式会社 ルーラルの京都ブランド。「白玉いちご」が人気銘菓。
亀屋良永(かめやよしなが)
亀屋良永(かめやよしなが)京都土産の逸品、御池煎餅(おいけせんべい)の店。江戸時代、天保3年(1832)創業。寺町通り、本能寺の近くにあります。真摯な味。筋の通った美学に裏打ちされた完成度。桂離宮から創案した干菓子もある。著名人の御用達としても名高い。
京阿月(きょうあづき)
京阿月(きょうあづき)ドラ焼きの「阿月」が代表銘菓。京都の三笠(みかさ=どら焼き)といえば、京阿月(きょうあづき)というほど、ドラ焼きが人気のあるお店。オーダーメイドのドラ焼きもある。江戸時代、1840年ごろ、創業。
京せんべい 小倉山荘
長岡京の会社、京あられの専門のお店です。カラフルな京都のあられ、せんべいには、子供も食べられる一口サイズのものも
京みずは
京みずは長岡京の会社、安定しているネット通販の京和菓子のお店。子供でも喜びそうな 創作京菓子が多い。婦人画報や、日経新聞「プラス1」 、テレビ番組『ぷっすま』でも、この店の本わらび餅はとりあげられ、人気。酒造りに適した京都ならでは名水にこだわっている。京都らしい竹の入った水羊羹がある。
京都お菓子の部屋
京都お菓子の部屋カフェオレ大福、豆腐チップスなど、新しい試みの和菓子がある楽しい老舗。創業100年を迎えつつあります。創業明治41年。御菓子司 彩嘉(さいか)のネットショップです。
京和楽(きょうわらく)
京都の美山の材料や、丹波黒豆、丹波栗をふんだんに使ったロールケーキとチーズケーキが人気のお店。 2005年にオープンした。
クレームデラクレーム(石田老舗)
クレームデラクレーム(石田老舗)平成11年にオープンした、烏丸竹屋町のシュークリーム専門店。楽天店の京野菜のシュークリームが大人気です。「衛生ぼーろ」の石田老舗の別暖簾。石田老舗自体は、明治4年創業です。

さ行

京都焼菓子工房しおん
京都焼菓子工房しおん京都の台所、丹波の亀岡市で、店長が一人で丁寧に焼いている店です。勝栗(かちくり)などの、受験や、仕事におかげがありそうな、お菓子や、素朴な京風焼き菓子で人気。

た行

京都祇園新橋「兆」
祇園の「おばんざい」屋さんのデザート。白玉や、桜餅のアイスのドラ焼きがある。
月乃ぴょん屋
月乃ぴょん屋京菓子の桂華堂のネットショップ。うさぎをテーマにした、可愛い京都の和菓子。生どら焼きが人気商品。自分で手作りできる八つ橋もある。

な行

は行

白心堂(はくしんどう)
白心堂(はくしんどう) 八つ橋や、五色豆など、京都土産らしい、お菓子をつくる老舗です。創業は、大正15年。キオスクや、京都タワーをはじめ、京都の各土産物店に、商品がおいてあります。
パティスリードゥリュクサンブール
パティスリードゥリュクサンブール二条寺町の京風洋菓子屋さん。丹波の素材を使ったシュークリームなど。味と配送に非常に気をつかってくれる大満足のお店。
船はしや総本店(ふなはしやそうほんてん)・本家船はしや
船はしや総本店(ふなはしやそうほんてん)・本家船はしや明治十八年創業。寺町に店舗をかまえています。五色豆をはじめとする豆菓子の老舗です。オリジナルの五色豆「錦豆」は登録商標。また、かわいい「福だるま」というボウロは、京都のガイドには、必ず登場する、人気もの。子供から大人までほっこりと和むキュートさです。
文の助茶屋(ぶんのすけじゃや)
文の助茶屋(ぶんのすけじゃや)わらび餅のお店として、古くから親しまれています。明治43年に創業。落語家の桂文之助(かつらぶんのすけ)が作ったお店です。 東山区のお店です。和の甘味処・茶店が人気です。楽天店があります。

ま行

豆政(まめまさ)
豆政(まめまさ)明治17年創業 京名物「夷川五色豆」を作る会社です。五色豆といえば、この会社、といわれるくらい有名。団子や州浜(すはま)団子もある。近年は、クリーム五色豆など、現代的な味のものも登場し、京土産のラインナップが広がっている。
満月(まんげつ)
満月(まんげつ) 創業は安政3年、江戸時代。明治期には、公爵家の御用達も。今や、知らぬ人のいない、満月(まんげつ)阿闍梨餅(あじゃりもち)。各マスコミでも絶賛されています。最近は、京都土産として、八ツ橋以上の知名度や人気度の高さ。しっとりした皮に、あっさりしたアンコが特徴。オンラインショップは、高島屋でされてます。
京みずは
京みずは長岡京の会社、安定しているネット通販の京和菓子のお店。子供でも喜びそうな 創作京菓子が多い。婦人画報や、日経新聞「プラス1」 、テレビ番組『ぷっすま』でも、この店の本わらび餅はとりあげられ、人気。酒造りに適した京都ならでは名水にこだわっている。京都らしい竹の入った水羊羹がある。

や行

八つ橋庵(やつはしあん)
八つ橋や五色豆などの京都名物菓子。修学旅行生むきの体験学習が楽しそうなお店。リーズナブルなのに、かわいく工夫されたスイーツは、ちょっとしたギフトにも喜ばれそう。

ら行

緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)
緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)創業は、弘化4年(1847)。茶道にも使われる、高品質の金平糖専門店。天然成分100%の上質な金平糖は全国にファンが。著名人の引き菓子にも使われる、上質の金平糖。漫画「美味しんぼ」でも、その魅力が述べられた。

わ行



▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス