材料を吟味した、ヘルシーな京菓子の店

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の和菓子のお店 紹介

材料を吟味した、ヘルシーな京菓子の店

京菓子は、大体太りにくく、ヘルシーな味わいですが、 中でも自然の味に近い、材料を吟味したお店を集めました。 ちょっぴり体調を気にされている方への贈り物にぴったりです。

50音順 

あ行

京・丹波 彩里 いろどり
丹波地方の食材を使った羊羹など。楽天店
京佃煮・京菓子 永楽屋(えいらくや) 管理人の味のレビュー
京佃煮・京菓子 永楽屋(えいらくや)昭和21年創業。山科区のお店。京佃煮と京菓子、両方を販売している珍しいお店。琥珀菓子が美しい。百貨店にも出店しており、進物に定評があります。冠婚葬祭にもおすすめ。お店の紹介はこちら お菓子の試食はこちら
老松(おいまつ)
老松(おいまつ)明治42年創業。朝廷の菓子作成をしてきた歴史があります。夏の名物菓子「夏柑糖(なつかんとう)」は、著名人、芸能人にも愛されている売り切れ必須の人気菓子。御所車や、わらび餅など、京都らしい上に、老舗の上質さたっぷりのお菓子。
本家 尾張屋(おわりや)
蕎麦粉をふんだんに使った、蕎麦菓子。一枚一枚丁寧に焼かれた「蕎麦板(そばいた)」が人気。

か行

京菓子工房 都(みやこ)
京菓子工房 都(みやこ)京都市伏見区の店。寒天と砂糖を固め乾燥させた 「琥珀(菓)(こはくか)」という豆寒天菓子が主な銘菓。全国菓子博覧会で、茶道の賞を幾度も受賞した。美味な水と、厳選された材料で、京都らしい繊細さが芸術的にあらわれた菓子。
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)六本木ヒルズなどにも店舗がある、京豆腐のお店です。伝統的な豆腐料理から、新しい試みまで、豆腐の可能性を追求している会社。豆腐落雁や、豆乳カステラなど、豆腐スイーツが人気。
京みずは
京みずは長岡京の会社、安定しているネット通販の京和菓子のお店。子供でも喜びそうな 創作京菓子が多い。婦人画報や、日経新聞「プラス1」 、テレビ番組『ぷっすま』でも、この店の本わらび餅はとりあげられ、人気。酒造りに適した京都ならでは名水にこだわっている。京都らしい竹の入った水羊羹がある。

さ行

笹屋湖月(ささやこげつ)
笹屋湖月(ささやこげつ)笹屋伊織(ささやいおり)より別家し、 大正6年に創業をはじめた。 小豆や、栗や芋を使った丁寧で、 個性的な焼き菓子が有名。
笹屋昌園(ささやしょうえん)
無添加の材料はもちろん、京都ならではの丹波大納言や、備中白小豆など、上質の材料を使っている。伝統的でいて、新鮮なお菓子の創作。 大正7年創業の竜安寺前の老舗。あんこの味に定評がある。
塩瀬総本家(しおせそうほんけ)
京都外の老舗。東京の和菓子屋。江戸時代まで、京都饅頭屋町で、御所御用達として活躍。650年以上の歴史を誇る饅頭の老舗。宮内庁御用達
京都焼菓子工房しおん
京都焼菓子工房しおん京都の台所、丹波の亀岡市で、店長が一人で丁寧に焼いている店です。勝栗(かちくり)などの、受験や、仕事におかげがありそうな、お菓子や、素朴な京風焼き菓子で人気。
するがや祇園下里(するがやぎをんしもさと)
するがや祇園下里(するがやぎをんしもさと)文政元年(1818)創業。京都祇園にある、飴・豆菓子のお店。店舗は、有形文化財。厳選された材料を使った職人技の飴菓子の数々。昔ながらの素朴な甘さ。琥珀色の美しい典雅な風情にファンが多い。
仙太郎(せんたろう)
仙太郎(せんたろう)「ご存知最中」「老玉(うばたま)」が人気の健康志向の京菓子店。材料にこだわることで有名なお店。オンライン販売もあります。

た行

辻利兵衛(つじりへい)
緑茶の生みの親の店。ほうじ茶のロールケーキなどがある
鶴屋鶴寿庵(つるやかくじゅあん)
新撰組壬生屯所、八木邸の和菓子屋さん。京壬生菜を使ったヘルシーなお饅頭が人気です。
とらや一条店/虎屋菓寮
とらや一条店/虎屋菓寮おなじみの虎のマークの「とらや」、竹皮羊羹が不動の地位。室町時代からの歴史は非常に古く、伝統があり、虎屋の歴史は、和菓子の歴史といわれるほどである。京都限定品もあり、京都が始祖の老舗の暖簾を誇っている。

な行

中村軒(なかむらけん)
中村軒(なかむらけん)桂離宮の近くのお店です。京都の非常に知名度の高い「おまんやさん」。創業は明治16年(1883)。宮家の御用達の歴史もあります。昔、農作業のために作られたという「麦代餅(むぎてもち)」が代表銘菓。桂川の素晴らしい水を生かしたお饅頭も。新鮮な材料と丁寧な職人の技に舌つづみ必須。
丹波黒総本舗 中村屋(なかむらや)
丹波の甘納豆のお店です。大きいお饅頭の「一休まんじゅう」もヨモギがはいって、ヘルシー。(←1個のお饅頭が、とても大きい商品なので、気をつけましょう!)
西谷堂(にしたにどう)
西谷堂(にしたにどう)明治25年の創業の新京極の店。丁稚羊羹、「ぐーどすえ金つば」など、庶民的で良質の和菓子で人気。

は行

林万昌堂(はやしまんしょうどう)
林万昌堂(はやしまんしょうどう)京都の甘栗といえば、このお店。香ばしい香りのする実店舗が京都人に親しまれる。甘栗を使った栗羊羹は、ひとあじ違う個性的な味わいで人気。
麩嘉(ふうか)
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)京都の麩饅頭といえば、この麩嘉(ふうか)が有名。江戸時代後期、文化文政年間創業になります。麩(ふ)の専門店です。各界絶賛の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」は、京都に麩まんじゅう多けれど、他店を圧倒する味と人気です。
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)六本木ヒルズなどにも店舗がある、京豆腐のお店です。伝統的な豆腐料理から、新しい試みまで、豆腐の可能性を追求している会社。豆腐落雁や、豆乳カステラなど、豆腐スイーツが人気。
先斗町駿河屋(ぽんとちょうするがや)
先斗町駿河屋(ぽんとちょうするがや)1898年、明治31創業。京都の舞妓さんや、趣味人が出入りしているだけあって、洗練された味です。 名物は「ひと口わらび」。 こしあんを包んだ蕨餅は、京都特有のものですが、このお店のは特にとろけるような味で人気があります。

ま行

松屋常盤(まつやときわ)
松屋常盤(まつやときわ)創業は、江戸時代初期。承応年間(1652〜55)。東寺から、御所や大徳寺、茶道の家元に菓子を納めてきたお店。西京味噌をいれ、炭火で焼き上げた「味噌松風(みそまつかぜ)」が 銘菓。一子相伝の丁寧な老舗の味は、一度は、味わいたい。
京菓子工房 都(みやこ)
京菓子工房 都(みやこ)京都市伏見区の店。寒天と砂糖を固め乾燥させた 「琥珀(菓)(こはくか)」という豆寒天菓子が主な銘菓。全国菓子博覧会で、茶道の賞を幾度も受賞した。美味な水と、厳選された材料で、京都らしい繊細さが芸術的にあらわれた菓子。
紫野和久傳(むらさきのわくでん)
紫野和久傳(むらさきのわくでん)京都の有名料亭です。京都北区紫野、大徳寺の前にあります。動物性の材料を使わない、「典座(てんぞ)料理」で有名です。れんこん菓子の「西湖(せいこ)」が、全国的に知名度の高いお菓子です。各マスコミや、雑誌絶賛。
京都・宇治・お茶の森半(もりはん)
京都・宇治・お茶の森半(もりはん)天保7年(1836)に創業の宇治抹茶の老舗。茶道家にも、一般家庭にも、菓子材料としても、幅広く森半のお茶は、愛好されている。農林水産大臣賞をとったり、全国茶技術競技大会に優勝など、茶葉の品質も高い。

や行

ら行

緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)
緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)創業は、弘化4年(1847)。茶道にも使われる、高品質の金平糖専門店。天然成分100%の上質な金平糖は全国にファンが。著名人の引き菓子にも使われる、上質の金平糖。漫画「美味しんぼ」でも、その魅力が述べられた。

わ行

京都・伏水・お菓子の和晃(わこう)
京都伏見の銘水を使った酒まんじゅうや、葛きりなど。材料を吟味しているラインナップで好評です。


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス