芸能人御用達等、マスコミ、雑誌で紹介された京菓子店

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の和菓子のお店 紹介

雑誌やテレビで紹介されたことのあるお店

あの、芸能人が利用した京菓子店はどこか気になりますよね。また、雑誌や、テレビで紹介されたことのあるお店を紹介します。


50音順 

あ行

阿闍梨餅(あじゃりもち)→満月(まんげつ)という店名をご覧ください。
阿闍梨餅(あじゃりもち)を作る店は、満月(まんげつ)です。
仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門(あだち おとえもん)
仏蘭西焼菓子調進所 足立音衛門(あだち おとえもん) 和三盆ケーキや、1万円する、丹波栗のパウンドケーキが有名。モデルや女優の御用達。マスコミや雑誌に頻繁にとりあげられてます。最近は、TBSの 「うたばん」 でも紹介されている。
京都・祇園 あべや
はなまるマーケットで京野菜のど飴が紹介されています。砂糖問屋「中央砂糖株式会社」の京菓子店です。甘味料の研究と知識を生かしたお菓子です。わらび餅などが人気です。
宇治茶 伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)
宇治茶 伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)宇治茶の寺社御用達のお店。宇治抹茶の濃厚な味の京菓子が特徴。楽天ショップの賞受賞の常連店で、わかりやすいサイトデザインと、創意工夫のこらされた抹茶スイーツが人気。安田美沙子さん御用達は「宇治抹茶あんみつ」。テレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」で放映された。
老松(おいまつ)
老松(おいまつ)明治42年創業。朝廷の菓子作成をしてきた歴史があります。夏の名物菓子「夏柑糖(なつかんとう)」は、著名人、芸能人にも愛されている売り切れ必須の人気菓子。御所車や、わらび餅など、京都らしい上に、老舗の上質さたっぷりのお菓子。

か行

鍵長(かぎちょう)
鍵長(かぎちょう)工芸菓子(こうげいがし)の名工として全国菓子博覧会でも高い評価を得ています。京都の良心的かつ、最高の職人の味が楽しめる数少ない店のひとつです。材料を吟味した棹物や饅頭、季節感のある干菓子など、和菓子ファンをうならせる店。服飾研究家の市田ひろみさんのお気に入りのお店です。
亀屋則克(かめやのりかつ)
亀屋則克(かめやのりかつ)京都人に「のりかっちゃん」と親しまれている、堺町三条にある老舗。夏の琥珀菓子の「浜土産(はまづと)」が人気。他の打物や葛菓子にも定評がある。各界や雑誌には必ずとりあげられる通の京菓子。丁寧な味と美学は、これぞ京都の”ほんまもん”。
亀屋良永(かめやよしなが)
亀屋良永(かめやよしなが)京都土産の逸品、御池煎餅(おいけせんべい)の店。江戸時代、天保3年(1832)創業。寺町通り、本能寺の近くにあります。真摯な味。筋の通った美学に裏打ちされた完成度。桂離宮から創案した干菓子もある。著名人の御用達としても名高い。
京みずは
京みずは長岡京の会社、安定しているネット通販の京和菓子のお店。子供でも喜びそうな 創作京菓子が多い。婦人画報や、日経新聞「プラス1」 、テレビ番組『ぷっすま』でも、この店の本わらび餅はとりあげられ、人気。酒造りに適した京都ならでは名水にこだわっている。京都らしい竹の入った水羊羹がある。
京はやしや(きょうはやしや)
京はやしや(きょうはやしや)1753年(宝暦3年)に、金沢市にて創業。1878年(明治11年)に京都 宇治に進出。現在は、東京資本だが、三条店の茶店は地元京都人に親しまれている。「抹茶ミルク」はグルメガイドでもおなじみ。
祇園辻利(ぎおんつじり)
宇治抹茶の老舗。抹茶菓子のパイオニア的存在。「京都人だけが食べている」をはじめ、各雑誌、媒体で頻繁に紹介されている。
クレームデラクレーム(石田老舗)
クレームデラクレーム(石田老舗)烏丸竹屋町のシュークリーム専門店。講談社 フラウ等、各女性誌で紹介されている、オシャレな店。楽天店の京野菜のシュークリームが大人気です。

さ行

三條若狭屋(さんじょうわかさや)
三条若狭屋(さんじょうわかさや)創業は、明治26年(1893年) になります。 祇園祭にちなんだ「ちご餅」が人気。昭和15年には、皇室の御用品として調達の命を受けています。各雑誌やマスコミでも頻繁にとりあげられています。冠婚葬祭のための美しい饅頭もあります。

た行

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)
大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)明治18年創業。「カステラ」や「ぼうろ」などの南蛮菓子の名店。レトロで上品な店舗。蕎麦ぼうろの「松葉」や夏のレモン味の琥珀羹(こはくかん)は、雑誌でひんぱんにとりあげられる人気商品。包装は、大正や、明治にタイムスリップしたかのような、キュートなかわいさ。関西の百貨店でも購入可能。

な行

は行

麩嘉(ふうか)
京とうふ藤野(きょうとうふふじの)京都の麩饅頭といえば、この麩嘉(ふうか)が有名。江戸時代後期、文化文政年間創業になります。麩(ふ)の専門店です。各界絶賛の「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」は、京都に麩まんじゅう多けれど、他店を圧倒する味と人気です。
京都 フリアン
女優の高島礼子や佐野量子などのタレントの御用達店としても有名なお店です。数々の賞に輝くフランス菓子のシェフが日本風の洋菓子を創作。
船はしや総本店(ふなはしやそうほんてん)・本家船はしや
船はしや総本店(ふなはしやそうほんてん)・本家船はしや明治十八年創業。寺町に店舗をかまえています。五色豆をはじめとする豆菓子の老舗です。オリジナルの五色豆「錦豆」は登録商標。また、かわいい「福だるま」というボウロは、京都のガイドには、必ず登場する、人気もの。子供から大人までほっこりと和むキュートさです。

ま行

満月(まんげつ)
満月(まんげつ) 創業は安政3年、江戸時代。明治期には、公爵家の御用達も。今や、知らぬ人のいない、満月(まんげつ)阿闍梨餅(あじゃりもち)。各マスコミでも絶賛されています。最近は、京都土産として、八ツ橋以上の知名度や人気度の高さ。しっとりした皮に、あっさりしたアンコが特徴。オンラインショップは、高島屋でされてます。
京みずは
京みずは長岡京の会社、安定しているネット通販の京和菓子のお店。子供でも喜びそうな 創作京菓子が多い。婦人画報や、日経新聞「プラス1」 、テレビ番組『ぷっすま』でも、この店の本わらび餅はとりあげられ、人気。酒造りに適した京都ならでは名水にこだわっている。京都らしい竹の入った水羊羹がある。
紫野和久傳(むらさきのわくでん)
紫野和久傳(むらさきのわくでん)京都の有名料亭です。京都北区紫野、大徳寺の前にあります。動物性の材料を使わない、「典座(てんぞ)料理」で有名です。れんこん菓子の「西湖(せいこ)」が、全国的に知名度の高いお菓子です。各マスコミや、雑誌絶賛。

や行

ら行

緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)
緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)創業は、弘化4年(1847)。茶道にも使われる、高品質の金平糖専門店。天然成分100%の上質な金平糖は全国にファンが。著名人の引き菓子にも使われる、上質の金平糖。漫画「美味しんぼ」でも、その魅力が述べられた。

わ行

50音順 




▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス