[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい あんぱん 餡パン のお菓子

アンパンとは

アンパンとは
イメージです

明治にはじまった和菓子

「あんパン」とは、アンコの入ったパンのこと。明治時代、あの、木村屋がアンパンを発明しました。発酵は、酒種を使い、アンコをいれ、日本人好みの味に作りかえたのです。

大ヒット商品となり、天皇陛下にも献上されました。陛下に召し上がっていただくために、桜の塩漬けをのせました。今日、おなじみの木村屋の「桜あんぱん」です。

京都のパン屋といえば…

京都のアンぱんといえば、「SIZUYA(しずや)」のものが有名。チェーン店ですが、スタンダードなものから、抹茶のものまで、人気です。また、「新々堂(しんしんどう)」も京都のパン屋の老舗。

通販でも「SIZUYA(しずや)」のものが買えます。(楽天店 >> 京都・河原町 【志津屋】

足立音衛門(あだちおとえもん)では、丹波大納言や丹波栗のアンパンが人気。売り切れ必須の限定品です。要チェックです。

京都は意外にもパン屋が名物!

京都は、小さな町屋が多く、近年、若い人々が、店をはじめています。中でもパン屋は、京都の新名物。何度も京都のパンが雑誌で特集されています。

本格的で、京都らしい繊細な工夫がこらされています。店舗はおしゃれで抜群のセンス。京都に来たら、ぜひ、パンを、鴨川や寺院で召し上がってみてください。


SIZUYA(しずや)楽天店 >> 京都・河原町 【志津屋】
powerd by 楽-yah
2007年10月17日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス