[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい おせんべい 麩(ふ)とは?

麩焼き(ふやき)煎餅(せんべい)

麩焼き(ふやき)煎餅(せんべい)
イメージです

やめられない!止まらない!

最初は、甘い。けれど、サクッとした食感の中にほどよい塩気。口の中でふんわりジュワッとマロヤカに溶ける。後を引く。もう一枚、もう一枚。サクサク、ジュワ、サクサク…。この繰り返しで、止まらなくなる。京都の麩焼煎餅(ふやきせんべい)。どうして、こんなに私の心をトリコにするの?あなたのその優しすぎる口どけが恐い…。

関東の草加煎餅のハードさと対極にあるのが、京都の麩焼き煎餅でしょう。

麩焼煎餅(ふやきせんべい)とは?

麩焼き(ふやき)煎餅(せんべい)名前からして、麩(ふ)から出来ているように思えます。が、原料はもち米。麩のように、口の中で、はんなり溶けるので、この名前がついたと思われます。

この麩焼煎餅、古い歴史があります。豊臣秀吉の北野茶会で供されたとか。また、あの、千利休が、茶菓子として、用いたともいわれています。

名物 京都麩焼きせんべい!

麩焼き(ふやき)煎餅(せんべい)イメージです
京都で最も愛されているのが、老舗、亀屋良永(かめやよしなが)の「御池煎餅(おいけせんべい)」でしょう。

管理人も大ファンです。香ばしく洗練された味もさることながら、GOODデザインの缶。なんと、版画家、棟方志功(むなかたしこう)のラベルなんです。京都に来たら手に入れる価値大ですよ!

また、左京区の「緑菴(りょくあん)」のものは、抹茶のほのかな味のもの。

また、菊のご紋をあしらった気品ある「源水(げんすい)」の「古都」は京都らしい気品でいっぱい。

甘春堂(かんしゅんどう)」の「花」は、花の焼印を押してある優美さ。

あの、「きぬた」の長久堂(ちょうきゅうどう)の「雲錦(うんきん)」も季節感あふれる見事な意匠。

京都の名物麩焼煎餅は、数え切れません。まだまだありますが、この辺で。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年7月23日記|補足・修整2007年10月22日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス