[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 餅 こし餡 のお菓子

鎌餅(かまもち)

鎌餅
イメージです

鞍馬口は鞍馬寺にあらず…

京都の下賀茂の鞍馬口近辺で遊んでいたとき、よく観光客の人に、聞かれるのが、

「ええ!ここは、鞍馬寺ではないのですか?」

という事。はい、そうなんです。義経の修行した、鞍馬と、この鞍馬街道の出入り口である鞍馬口は違うのです。スイマセン…。わかりにくくて。でも、間違えますよね。紛らわしい名前です。

この鞍馬街道が生んだお菓子があります。「鎌餅(かまもち)」。もともとは、「麦手餅(むぎてもち)」という名前でした。(前述の麦代餅(むぎてもち)とは違います。またまた、紛らわしいですね。)

麦とお餅の交換

江戸時代末期には、この「麦手餅(むぎてもち)」を出す茶店が評判になりました。ボリュームがあるため、農家でも、旅人にもたいそう喜ばれたのだそうです。

上賀茂や、松ヶ崎には、今でも豊かな農地がありますが、これらの土地に暮らす人々は、麦と餅を物々交換しました。「麦手餅(むぎてもち)」は、餡が入っていて、鎌に似た形をしており、福をかま入れするという縁起をかつぐようになり、「鎌餅(かまもち)」と呼ばれるようになったのです。

しかし、事情があり、この鎌餅はこの鞍馬口から姿を消しました。

大工さんが復活させた鎌餅

しかし、明治は30年頃、鞍馬口の宮大工の職人さんが、菓子職人に転進し、大正の御大典を契機に、この鎌餅を復活させて、現在にいたっています。

ひとつづつ、丁寧にへぎに包まれている鎌餅は、口に入れるとトロ〜としています。中には漉し餡が入っていて、それが、外から透けて見えるのが、とても美しいお餅です。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2006年12月21日/補足・修整 2007年8月14日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス