[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい キントン 京都の上生菓子 のお菓子

きんとん(キントン)とは?

きんとん
イメージです

キントンとは

元々は、唐菓子の「こんとん」から来たものだといわれています。これは、練った小麦粉に砂糖や飴を入れたものです。

後に着色した餡の「そぼろ」の事を「きんとん」と呼ぶようになります。
特に、京都の「きんとん」は、餡を裏ごしして、栗のイガのようにした生菓子の事を指します。ざる等で裏ごしするので、ざるの目の大きさによって、細くなったり、太くなったりと、様々な表情のきんとんが出来ます。

京都では絞った「栗きんとん」は「きんとん」ではない

いわゆる「栗きんとん」は、栗と小豆のそぼろ餡の事ですが、よくある、茶巾でしぼった形の「栗きんとん」は、京都では「きんとん」とは呼びません。京都では絞った形の「栗きんとん」は「茶巾(ちゃきん)」と呼んで区別しています。

上生菓子に欠かせない

きんとんは、京菓子(上生菓子)では、頻繁に使われています。葛や、漉し餡とコラボレーションされ、季節感を出したり、季節の果物や花の色や味になり、個性的な口当たりを演出したりして、お茶席を豊かなものにしています。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年1月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス