[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 焼き菓子 桃山風の和菓子 のお菓子

桃山(ももやま)とは?

桃山
イメージです

桃山風のお菓子とは?

こんがりとした、焼き色のお菓子を、桃山(ももやま)、もしくは、桃山風、桃山生地(ももやまきじ)、ともいいます。

これは、白餡に卵黄、水飴、葛や寒梅粉をいれて、焼き上げたもの。その生地を天板で焼いて、美しい照りをみりんでつけます。ホコホコした味わいが特徴です。

桃山(ももやま)は、京都の地名

桃山(ももやま)の名前は、京都の地名からとったものです。桃山は、豊臣秀吉の伏見桃山城のある、伏見の地。しかし、豊臣政権没落後、城のなくなった地に桃が植えられたことから、この地は、「桃山」と名づけられました。江戸時代になってから、桃山、という地名になったのです。

と、いう事は、この桃山菓子は、江戸時代に出来たもの?一体誰が、このようなお菓子を桃山と名づけたのでしょう。京都の地名だから、京都発祥のお菓子なのでしょう。しかし、本家本元の桃山の起源が未だわからず。裏づけを取ったら、また、補足いたします。ご存知の方があれば、ご一報願います。

京都の桃山風菓子

京都の桃山菓子として、人気なのは、鼓月(こげつ)の「華」。バニラ風味の黄身庵が、コーヒーにも合うお味となっています。

また、笹屋昌園の桃山菓子も、栗も梅の風味が楽しめる風味のいいお菓子です。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス