[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 餅 きなこ のお菓子

麦代餅(むぎてもち)


イメージです

ボリュームたっぷりのお餅

たっぷりの柔らかい白いお餅で、粒餡をまいて、上には、強めに煎った黄な粉をパラパラと。なんとも、ボリュームのありそうなこのお菓子の名前は「麦代餅(むぎてもち)」といいます。

明治創業の、桂離宮に程近い場所にある老舗、中村軒(なかむらけん)の代表銘菓です。

麦とお餅の交換

もともとは、農作業の時の間食としてのお菓子です。この麦代餅(むぎてもち)二個分と、麦五合分が物々交換されたものです。それで、この名前がついたのでしょう。麦刈りや田植えのとき、このお菓子を食べながら、京都の人は農作業をしたのです。

2個で、間食1回分との事。このお餅、2個でも相当なボリュームですが、厳しい農作業のあいまのお菓子、食べて、元気を出して、また、作業に精を出したのでしょうね。

農作業のお菓子

やわらかく、プニプニした弾力のあるお餅と、優しい粒餡。黄な粉の香りが食欲をそそります。

鎌餅もそうですが、これは、農作業の歴史が背景にあるお菓子です。京都は、半農の土地、繊細な雅なお菓子ばかりではありません。こういう力強く優しい味も、また、京都なのです。


powerd by 楽-yah
2006年12月21日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス