[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 古田織部(ふるたおりべ) へうげもの のお菓子

織部饅頭(おりべまんじゅう)とは?

織部饅頭(おりべまんじゅう)
イメージです

焼き物の模様を饅頭に

緑の色が刷毛で塗られたような柄の上に、焼印が押してある。そんな饅頭を見たことはありませんか?これは、「織部饅頭(おりべまんじゅう)」といいます。焼き物の織部(おりべ)の意匠を饅頭に表現したものです。

織部焼き(おりべやき)とは?

織部饅焼き古田織部(ふるたおりべ)(1543-1615)という千利休の弟子であった武将が創設した焼き物を織部焼きといいます。

緑のぼかしを上薬で作り上げ、現代のモダンデザインにも通じるような、大胆な柄と意匠が特徴です。従来の中国風のシンメトリーの焼き物から脱し、ワビサビの粋な表現として、日本独自の民衆に愛される焼き物として、桃山時代に登場した焼き物が、織部焼きでした。

京都の和菓子☆ドットコム ←管理人の今、はまっている漫画。週刊モーニングで連載中の「へうげもの 」という漫画。古田織部の破天荒な伝記です。面白くて、お薦めです。

焼印などで焼きものらしさを

その焼き物の柄を饅頭に用いたのが、織部饅頭。緑のうわぐすりの垂れを、抹茶で表現し、焼き物らしく見せるため、焼印を押してあります。中でも、井桁(いげた)と呼ばれる井戸をあらわす紋様は、よく用いられます。

薯蕷(じょうよ)皮などに

ほとんどが、薯蕷(じょうよ)皮・薯蕷(じょうよ)饅頭に用いられます。風情のある、織部の柄の饅頭は、焼き物の深い風情を思いおこさせ、茶道の席で愛されています。

近年では、昭和30年に、東京の大坂家という店が、その名も「織部饅頭」という、商品名で出し、名物となっています。


powerd by 楽-yah
2007年2月28日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス