[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 懐中しるこ 京都の茶店メニュー のお菓子

京都のお汁粉(おしるこ)とは?

しるこ
イメージです

正月のあと

お正月が終わったあと、鏡餅のかけら使ってお汁粉を作って食べますよね。たまに白玉を入れることもあります。しかし、これは善哉(ぜんざい)とどう違うのでしょうか。

お汁粉と善哉の違い

お汁粉は、関西では、漉し餡を使ったもの。善哉(ぜんざい)は粒アンをつかったものとして考えてられています。サラサラとしたものが汁粉、小豆の粒が入っているのを善哉(ぜんざい)、と考えてよさそうです。しかし、関東になると、また、考え方が違うようです。(定義があやふやでスイマセン)

京都の懐中しるこ

不老泉二條若狭屋 懐中しるこ

京都のお汁粉には、「懐中しるこ(かいちゅうしるこ)」というものがあります。粉末のスープの素のようなものを湯で溶かすと、お汁粉になるものです。即席しるこ、とでもいいましょうか。

葛を使っていて、とろみがあります。高級感のある味で、色とりどりのアラレが使われていたりします。きれいな京都らしい風情で進物にも人気です。

他、大原女家の「祇園しるこ」も祇園らしい華やかな懐中しるこです。

また、生麩饅頭で有名な麩嘉(ふうか)の汁粉には麩が入っています。錦市場のみで手に入る隠れ人気メニューです。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年3月5日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス