[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい きんつば 素朴なお菓子

六方焼・六宝焼(ろっぽうやき)とは?

こんがり、黄金色のサイコロスイーツ!

六方焼きとは、その名のとおり、四角の六面を、焼いているお菓子です。中には、餡が入っています。まわりの生地は、卵と小麦粉を使ったカステラ風のもの。

当て字で、「六宝焼き」ともいわれます。

六方焼・六宝焼(ろっぽうやき)
イメージです

「きんつば」との違い

きんつば」と似ています。その違いとはなんでしょうか?

この菓子は、江戸時代から、作られているもの。「江戸きんつば」という名前でも呼ばれていました。

かつて、関西では、きんつばを「六方焼」と呼んでいたということです。なので、かつては、「六方焼」も「きんつば」も混同されていたと考えていいでしょう。

現代、一般的には、卵を使った黄金色の六面のお菓子のみが「六方焼」と呼ばれています。

「六方者(ろっぽうもの)」とは?

六方とは、歌舞伎や長唄などでいう、「六方者(ろっぽうもの)」の意味がこめられています。

東西南北に、ダイナミックな動きをすることを「六方振り(ろっぽうぶり)」といいます。「六方者(ろっぽうもの)」とは、まわりをはばからない大らかで大胆かつ粋な人のことを指すのです。

このお菓子には、そんな男性的な所作が感じられます。どの面から食べても美味しいよ!元気に食べてね!という意味なんでしょうか?素朴で気軽なお菓子です。

京都の六方焼き屋さん

おまん屋さんなどの、気軽な素朴な和菓子屋さんで見ることができます。京都では、仙太郎(せんたろう)や、中村軒のものなどが人気。左京区の平安神宮近くには、その名も「六方(ろっぽう)屋 」という茶店もあり、名物ともなっています。

京都以外、福井にも名店があります。滋賀でも時々みることができます。現在は、関西から、北陸圏内で、食べられているような印象です。

福井では、「碌寶焼」ともいうそうな。これ、なんと読むか迷いますが、ちゃんと「ろっぽうやき」と読むのだそうです。


powerd by 楽-yah
2007年8月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス