[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい あられ おかき のお菓子

京都の煎餅(せんべい)とは?

京都の煎餅
イメージです

煎餅(せんべい)とは?

煎餅(せんべい)とは、干菓子(ひがし)のひとつの、焼き菓子です。日本人の生活に親しいお煎餅ですが、歴史は古く、奈良時代から登場しています。昔は、煎餅は、「いりもち」という名前で呼ばれ、小麦粉をこねたものを油で焼いたり、油であげたりしたものでした。

京都では、煎餅とアラレ、オカキを厳密に区別しないお店もあります。

茶席の干菓子(ひがし)としても

煎餅は、親しみやすい、お菓子と思われがちですが、京都の茶室での上質のお茶菓子としても使われています。

小麦粉を溶いたものを焼く「麩焼煎餅(ふやきせんべい)」、砂糖蜜を塗ったもの、季節の文様を焼印したものなどがあります。京野菜をあしらった「野菜せんべい」も京都のせんべいの代表です。

茶室の煎餅としての老舗は、末富(すえとみ)のものや、甘春堂(かんしゅんどう)が有名です。

京都の煎餅(せんべい)とは?

小倉山荘 あられ ←小倉山荘「をぐら山春秋」

京都の煎餅は、関東の豪胆な煎餅とは違い、米粉を使ったソフトな食感のもの、甘い薄焼きのお煎餅などが主流で、優しい、繊細な味わいです。

また、現代は、形や味に工夫をこらされたものが多く、京飴と同じく、カラフルで、甘いものや辛いも取り混ぜて、多彩なフレーバーが登場しています。それは、さながら、京の錦絵(多色刷りのカラフルな版画)のような印象です。

ネットで購入できる、京煎餅のの専門店には、「小倉山荘」や「祇園萩月」「蕪村菴(ぶそんあん)」などがあります。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年1月12日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス