州浜(すはま)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 豆菓子 棹菓子 のお菓子

州浜(すはま)

すはま
イメージです

州浜(すはま)とは

住吉物語絵巻波がよせては返す、優しい音。その中に小さな小島が連なる、日本の風景。

時代を超えて、浜辺の風景は、日本人にとっては、嬉しく、懐かしいものです。

このように、洲が入り組んでいる浜辺の事を、州浜(すはま)といいます。

日本画には、古くから、この州浜の光景が描かれてきました。そして、それはいつしか、パターン化された、デザインとなって、生活の中に用いられます。

州浜紋のお菓子

州浜紋「すはま」というお菓子は、この州浜から、命名されました。「すはま」は、大豆の粉に水飴を混ぜ て棒状にした棹菓子です。

作られた当初は、「豆飴」と呼ばれていました。江戸時代の記録では、「豆飴」の名前で、州浜形のお菓子が登場しています。

後、京都の老舗によってつくられた「すはま」の断面が州浜紋にそっくりなので、「州浜(すはま)」という名前になりました。

左上のマークは、州浜紋ですが、お菓子の断面の形は、まさに「州浜(すはま)」そのもの。昔の人は、このように、自然を意匠化したのですね。

今や、州浜の形でなくても、すはま

この棹菓子「州浜」の登場により、後の「すはま団子」のように、州浜の形でなくても、大豆粉を使ったお菓子のことを「すはま」と呼ぶようになったといいます。最初は、「豆飴」だったのに…。お菓子の名前や、形の歴史は面白いですね。

おめでたいイメージのお菓子

東山遊楽図屏風この州浜紋は、不老長寿の仙人が住む蓬莱山を見立てているともいわれています。室町時代以降の工芸品や絵画の、蓬莱山には、必ず州浜が描かれています。平安時代の貴族は、木や、花を州浜をかたどった台に置いて、飾り、おめでたい席をもうけました。

州浜菓子は、このように、祝賀のイメージが強く、婚礼や、祝儀に似つかわしいものなのです。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス