[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の 落雁(らくがん)とは? 干菓子(ひがし)とは?

打物(うちもの)とは?

打物(うちもの)
イメージです

干菓子(ひがし)とは?

干菓子(ひがし)とは、一般的に水分が少なく、日持ちのよいお菓子の総称を指します。煎餅や、生砂糖(きざとう)、工芸菓子などは干菓子の部類に入ります。

打物は干菓子のひとつ

その干菓子の中でも「打物(うちもの)」と呼ばれるものは、寒梅粉や、みじん粉に砂糖を入れ、木の型で型をとって仕上げるお菓子です。

この「型打ち」という工程のため「打物(うちもの)」と呼ばれています。

京都の老舗の店頭に行くと、打物に代々使われている木型が展示されている事もあります。

干菓子の型←京都の二大市のひとつ、北野天満宮の天神市で売られていた、古い干菓子の型です。

こういうものに、材料をいれて、生成するのですね。

落雁(らくがん)とは?

落雁(らくがん)とは、打物の代表的なお菓子。茶席なのでの上品なお菓子として、愛されています。

江戸時代には、落雁を鶴亀や菊などのお目出度い形にして、慶事に使っていました。

押物(おしもの)とは?

打物の他に「押物(おしもの)」というものがありますが、これは、型押し、という方法で作られます。単に生成方法の違いで、材料に変わりがないので、「打物(うちもの)」と同一に考える人もいます。

美しい形を口どけのよさ

美しい季節の花や吉祥の形、抽象的な形は、職人さんによって丁寧に型崩れしないように作られています。和三盆糖などの上質な砂糖を使われたりして、上品な甘みがあり、口の中に入れると、ジワっと優しく溶ける口当たりです。日持ちがするので、贈答にも好まれます。


powerd by 楽-yah
2007年1月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス