[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい みたらし団子 花見団子 のお菓子

団子(だんご)とは?

団子
イメージです

団子は縄文時代からあった?

団子は、うるち米を使ったもの、きびを使ったものやら、ありますが、基本は、穀物を丸い形にこねてまるめたもの。しかし、この穀物を丸めて食べる文化は、縄文時代からあったものです。やがて、神様にささげる、食べ物「シトギ」というものができました。それは、米を粉にして、丸めたものでした。

団子の名前の由来

奈良時代、中国から、団喜(だんき)という小麦粉の食べ物が伝えられました。それは歓喜天という神様にささげるもの。

その団喜(だんき)がシトギの文化とあわさり、いつしか、団喜(だんき)がなまって、「団子(だんご)」と呼ばれるようになったとも言われています。

厄除け祈願や、門前菓子に

このように、神様にささげる食べ物として発展した団子。団子が、門前菓子や、神饌菓子に多いのは、自然の流れともいえましょう。下賀茂神社のみたらし団子のように、厄除けの意味があったり、お月様にささげる、月見団子になったり…。団子は、一般家庭で作られながらも、厄除けや安産祈願、季節の節目の行事に食されてきたのです。

花見団子など

しかし、神聖な意味がある団子が、いつしか、寺や神社の参りの名物となっていきます。それもそうですよね。寺参りの帰りに食べた団子が美味しいところに行きたくなるのが人情というもの。

また、花を見ながら、食べる団子は格別なもの。人々に、花を見ながら、お菓子を食べる風習が発展していきます。(花見団子についてはこちらへ)

串にさしてある、というのが、物見遊山をしながら、食べるのにピッタリです。こうして、お菓子としての、各地の名物の団子、土産の団子が続々全国に登場してきます。

京都の名物団子

黒蜜団子京都の土産としては、茶団子が有名でしょうか。

また、キナコのたっぷりかかった黒蜜の団子なども京都土産の団子として愛されています。

powerd by 楽-yah
2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス