[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 栗かのこ 鹿の子餅(かのこもち) のお菓子

鹿の子(かのこ)とは?

鹿の子(かのこ)とは?
イメージです

鹿の模様のこと

「かのこ」とは、餡(あん)玉のまわりに、小豆や栗をつけたものです。

子鹿の背中の模様のまだら模様に似ているのでそう名づけられました。

染色の鹿の子絞りも、そこからきています。

小豆をまぶしてあるものは、「小倉野(おぐらの)」ともいいます。

鹿の子餅とは?

鹿の子餅(かのこもち)は、18世紀に東京日本橋ではじまりました。

現在、鹿の子餅(かのこもち)は、求肥(ぎゅうひ)を餡(あん)で包み、周りに大納言小豆をつけるものが一般的でしょう。最後に寒天につけて、透明感のあるツヤツヤした美しさに仕上げます。

”かのこ”いろいろ

秋には大粒の栗を餡玉につけたものが店頭に見られます。他にも「うずら豆」「うぐいす豆」などのものも。

餡玉につけることにこだわらず、ツブツブしたまだら模様のお菓子なら、「かのこ」と名づけられることがあります。また、濡れ甘納豆のことを「かのこ」と呼んだりもします。


powerd by 楽-yah
2007年10月17日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス