[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい カルカン かるかん饅頭 のお菓子

軽羹(かるかん)とは?

軽い羊羹…

「かるかん」とは、「軽羹」と書きます。名前のとおり、軽い羊羹のような、棹菓子です。

かるかん
イメージです

山芋が主な材料。上新粉などを混ぜて蒸して作ります。

とろろを使って作る蒸しパンのようなもの、といえばわかりやすいでしょうか。雪のように、フワフワと軽い食感。山芋を使っているので、コクがあります。

「かるかん」は、鹿児島発祥のお菓子

江戸時代に、九州鹿児島よりはじまりました。鹿児島の藩主、島津家。そこでは、「かるかん」は、祝いの席になくてはならない格上のお菓子でした。

餡を入れてある、「かるかん饅頭」も鹿児島より始まったといいます。

かるかんは、じきに、江戸や、京都にも伝わり、和菓子の製法のひとつとなっていきます。

京都では、抹茶入りの「かるかん菓子」が作られているようです。


powerd by 楽-yah
2007年7月30日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス