[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の和菓子の色彩感覚 京菓子の美意識

京菓子 重ねの色目(かさねのいろめ)とは?

重ねの色目
イメージです

京菓子の色彩の特徴のひとつ

一般的に人々が思い浮かべる京菓子は、華やかな美しい色彩で、宝石のような形をしていて、繊細で…、というイメージのようです。(実際には地味なお菓子も多いのですが)ためいきの出るような芸術品の京菓子の世界。そのような、美しい色彩感覚は、どこからきているのでしょうか?

京菓子の色使いの特徴のひとつに「重ねの色目(かさねのいろめ)」というものがあります。

平安貴族の衣装の色合わせのこと

「重ねの色目(かさねのいろめ)」とは、「重色目」「襲色目」ともいい、平安時代の貴族たちが、十二単などで、色んな色の着物を重ね着して、色の組み合わせでオシャレをすることです。

今でいえば、最近はやったレース&フリンジのチュニックワンピの下に濃い色のTシャツやジーパンを着たりするような感じでしょうか。

貴族たちは、この「重ねの色目(かさねのいろめ)」で様々なオシャレをしました。その色彩感覚が、現在、京菓子に反映されているのです。

色の組み合わせにより、名前がつけられている

色の組み合わせで、様々な印象を作り出すことができます。重ねた一番上に白などの淡い色をおく事で、下の濃い色が透けて見えて、素晴らしいニュアンスを表現することができます。

「重ねの色目(かさねのいろめ)」には様々な名前がついています。「梅重(うめがさね)」「雪の下」「菖蒲(しょうぶ)」「撫子(なでしこ)」など…。きっと季節ごとに繊細な色の組み合わせを楽しんだのでしょうね。

京菓子の美しい色彩には、そのような季節感や情緒がこめられているのです。

2007年2月8日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス