[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

万頭(まんじゅう) マンジュウの歴史と起源

饅頭(まんじゅう)とは?

饅頭(まんじゅう)
イメージです

饅頭のルーツ

和菓子の中でも特に親しみがあって、種類の多い、饅頭(まんじゅう)。マンジュウはどこから来たのでしょうか?

元々は、中国の点心のひとつで、万頭(マントウ)。肉や野菜をつめたもの。現在でもコンビニとかにありますよね。肉まんが。それが、饅頭の元祖のようなものでした。鎌倉〜室町時代くらいに日本に伝わったとする饅頭は、羊羹と同様、いつしか植物性の材料になり、アンコなどが入るものとなり、現在のような、甘い、お菓子になりました。

2つの説がある

饅頭(まんじゅう)しかし、この日本での饅頭のルーツは2つあるといわれています。酒饅頭のルーツと、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)のルーツです。

ひとつは、虎屋の説。
鎌倉時代、中国・宋から帰国した聖一国師が、福岡の茶店の主人に、饅頭の製法を伝えたというもの。この主人が、「虎屋」と名乗り、饅頭屋を開いた、とする説。これが今の酒饅頭(さけまんじゅう)のルーツだとか。

もうひとつは、京都建仁寺の説。
虎屋説より、100年ほど、たった、室町時代。京都建仁寺の禅僧が、中国・元の人を通じて、伝えたというもの。こちらは、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)の発展の元といわれています。禅僧なので、肉食を嫌い、小豆で餡を作ったのだとか。この饅頭は当時、御所の天皇にも喜ばれたといいます。

江戸時代には手土産や、祝儀に大活躍の饅頭

後、どんどん、饅頭の人気があがっていきました。江戸時代には、贈答の習慣がひろまっていたこともあり、饅頭の手土産などが大人気となりました。

饅頭の包み方にも東西に違いがあって、京都や大阪は竹皮に包んであり、関東では、紙袋や折り詰め包装されていたんだとか。今では、京都でも、饅頭は紙箱に入っていますね。竹の皮で包む老舗は今でもあるんでしょうか?探してみたくなります。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年1月26日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス