[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 村雨餡(むらさめあん)とは? 京都有名店の棹物 のお菓子

いわゆる村雨(むらさめ)とは?

村雨餡の棹物
イメージです

村雨餡(むらさめあん)とは?

米の粉と餡(あん)をまぜて、蒸したものを、一般的に村雨餡(むらさめあん)といいます。ほろほろとした形をしていますが、口あたりは優しく、蒸しパンを上品にしたような、ムッチリシットリした、餡の風味の濃い味わいが特徴です。

村雨は実は、登録商標!

村雨餡で包んだ…、村雨の棹菓子、とか、よく使われている用語ですが、実は、この「村雨(むらさめ)」という名前はある老舗の登録商標。

大阪府貝塚市の創業安政元年創業の村雨本舗 「御菓子司 塩五」というお店のレッキとした代表銘菓なんです。銘菓「村雨」の名前は、

村雨の 露もまだ干ぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

という新古今和歌集の一首からとったもの。風情がありますね。なんと、既に明治42年という昔に登録商標をとったということです。

しかし、村雨餡の美味しさは、色んな老舗の色んなお菓子に用いられ、いまや、和菓子の用語集にも出ている始末。せっかく、登録したのに、人気がありすぎて、事実上の一般名詞になってしまっています。とはいっても、レッキとした商標なので、一般名詞として、乱用するのは控えなければなりませぬ。

京都の村雨餡を使った有名和菓子

京都のいわゆる、村雨を用いた代表銘菓には、俵屋吉富(たわらやよしとみ)のあの、「雲龍(うんりゅう)」や、鶴屋吉信(つるやよしのぶ)の「京観世」などがあります。ネット通販では、「京みずは」の「瑞風(ずいふう)」が”そぼろ餡”を使っています。

くるくると、村雨の餡で濃し餡等を巻いてある、棹物が多いようですね。


powerd by 楽-yah
2007年1月31日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス