[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい しんこ 志んこ のお菓子

「しんこ」とは?

鳩餅
イメージです

上新粉、米の粉から作るお菓子

「しんこ」は、上新粉を材料にした、お菓子です。上新粉(じょうしんこ)とは、うるち米を乾燥させて、粉にしたもの。この上新粉を水でこねて、蒸した(あるいはゆでる)お菓子を「しんこ」といいます。ゆでたあと、臼(うす)でついたりして、弾力を出します。

しんこ餅ともいい、モチモチとした味わいが特徴で、餅よりは切れがよく、さっぱりとしています。ウイロウと材料も味も似ていますが、ういろうより、庶民的な味わいです。外郎(ういろう)はどちらかといえば、上生菓子の素材になる方が多いのに対し、「しんこ」は、気軽でお腹を満たす、オヤツ、各地の街道菓子、門前菓子として、愛されてきました。祭りや縁日での細工菓子になることも多いです。

唐菓子が起源

しんこ棒状にして、ねじった形が一般的です。

唐菓子の索餅(さくへい)がその起源といわれています。

京都や関西では「しんこ」と呼ばれますが、関東では「すあま」と呼ばれます。

州浜(すはま)菓子と混同しがちな用語です。

愛宕神社の門前菓子

京都には、愛宕神社の「志んこ」や、三宅八幡宮の「鳩餅(はともち)」といった門前菓子があります。また、祇園のしんこも親しまれている昔からある「しんこ」です。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2006年12月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス