[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 棹物(さおもの) 羊かん のお菓子

羊羹(ようかん)とは?

栗ようかん
イメージです

羊羹(ようかん)は元々スープだった

和菓子の代表格ともいえる、羊羹。ようかんとは、どんな風にして今の形や味になったのでしょうか?

羊羹と言う字、羊(ひつじ)の羹(あつもの)と書きます。ずいぶん難しい字ですね。羹(あつもの)、とは「熱い物の意味、野菜や魚肉などを入れて作った熱い吸い物」という言葉です。 そのことから分かるように、羊羹は、元々は、中国の羊のスープの事だったのです。平安時代に遣唐使によって羊羹は伝わりました。

僧侶のために砂糖が入るようになって今の形に

しかし、肉食ができないお坊さんのために、羊羹は、いつしか、植物性の素材を使うようになりました。スープもなくなり、小豆を煮て、葛(くず)を加えたりして、どんどん固形化していったのです。室町時代の書物に、小豆と葛を使った羊羹の作り方が登場します。そこに、砂糖が入って、菓子としての地位をだんだん、確立していったのです。

練ようかんと蒸しようかんの違い

羊羹は、元々、蒸して作られたものでした。練羊羹は、寒天を使います。寒天が発明されるのは、江戸時代になってからです。練羊羹は、砂糖と寒天と煮詰めて、箱にいれて固める製法で作られます。練羊羹は、江戸時代に誕生したといわれています。

練羊羹起源説は3つある

実は、練羊羹の発明には、諸説あるんです。江戸説、京都説、長崎説。

江戸説は、日本橋の菓子屋が発明した、とするもの。

長崎説は、江戸時代の田中信平という人の書いた本に羊羹の記録が残っているので、長崎起源だ、とするもの。

京都説は、現駿河屋(するがや)のの初代が、安土桃山時代、豊臣秀吉の茶会で、練羊羹を披露したというものです。この時の羊羹は、白小豆の餡と寒天を使ったものだとか。

いずれにせよ、羊羹は和菓子の人気もの。美味しい羊羹とお茶は和菓子の醍醐味ですね。


powerd by 楽-yah
2006年12月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス