[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 和菓子職人 京菓子職人 のお菓子

テレビチャンピオン・TVチャンピオン2 全国和菓子職人選手権

優勝はまたもや高橋弘光さん!

今晩のTVチャンピオンは、和菓子職人の腕を競うもの。

練りきりをハサミで切り、菊を作ったり、新作和菓子での戦いがくりひろげられました。特に、この番組での見所は、工芸菓子。工芸菓子とは、花鳥風月を、和菓子で、本物そっくりに作ったりする、高度な和菓子の技のことです。

もともと、工芸菓子は京都が発祥。名工の方も多くおられるのに、テレビには出てこないのですね…京都人、マスコミ嫌いだし。(←京都勢がでなかったのでやっかみ)

チャンピオンは、またもや、「菓匠 白妙」の高橋弘光さん。千葉の和菓子屋さんです。なんと、7回連続の優勝。おめでとうございます!

和菓子職人の腕を競う!

野菜を使った創作和菓子、小豆の新作お菓子は、ぜひ食べてみたいです!美味しそう〜!

番組ではアンコ作りの工程が出ていました。和菓子職人さんは、いかに、あんこを手間暇かけて作っているか、よく分かりました。原料の粒を手作業で選んでいるのは、すごいです!

惜しくも敗れた群馬県、千歳庵(ちとせあん)もステキでした。ニンジンの和菓子は斬新でしたね。

前回のお土産選手権は和やかでした。が、今回は、火花を散らす戦い!やはり、テレビチャンピオンならではの気迫でした。この和菓子選手権も、もう7回目。本気度も増すというものです。

すごい工芸菓子の技術!

工芸菓子工芸和菓子の技術、おみごとでしたね。

しかし、少々アクロバット的な印象が。(←また、やっかみ?)

盆栽はともかく、ファミレスのメニューを和菓子で作られてもなあ。どうもなあ…。(しかし、ハンバーグ定食は、目をみはる精巧さ!すごかったですね。)

最終決戦は、刺身盛りの工芸菓子。

彫刻の世界のよう。味よりもリアルかどうか。という傾向が強い気がしました。

レプリカ作成が技術の全てではないでしょう。しかし、この技術は、和菓子の伝統の最高峰のひとつ。この先、この番組がどうなっていくのか、楽しみでもあります。

日本ならではの美学をもっと!

工芸菓子和菓子は季節感が命なんだから、日本ならではの味や美学を競ってほしい。

なんて、少し、思ってしまった。

季節感をいかにだしてるか。

それを、著名な俳人や、日本画家とかに判断してもらったりとか。そういうの、ダメでしょうかね?審査員は、フードコーディネイターとか料理評論家の方が多い。なので、どうも、スノッブな判断になりがちなのでは…。

あるいは、材料の質とか、菓子の新鮮さとか。そういうので競ってほしいです。(そうなると、どっちの料理ショーみたいになっちゃいますかね…。)

まあ、そういう思いはあるものの、和菓子で作られた本物そっくりの刺身はすごかったですね。すごい。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「マグロやウニ、うまそ〜。刺身食べたい。」との事です。


2007年9月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス