[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 豆腐ドーナツ 豆腐アイス のお菓子

錦市場の思い出

更に京野菜について思うこと

前回、京野菜について、長々述べてしまったのですが、色々と、思い出がよみがえってきたので、もう少し、つぶやくのをお許しくださいませ。京菓子とは全然関係ない話になっていくのですが…。

錦市場の人の書いた本

今回の資料として、錦市場の方が書いた、「決定版 京野菜を楽しむ」という本を参考にさせていただきました。この本、まことに素晴らしい内容です。私が京文化のことを今だ深くは理解できないまでも、私が、なぜ、京都にこんなに、惹かれるのかという謎の一旦を、この本は、解き明かしてくれたような気がします。感動した一文を抜粋します。

…つまり京野菜は京都人の思想でもあり、矛盾の中に真理を求めているのです。革新であるが保守であり、保守であって革新でもある。…

政権が絶えず交代する歴史の中で、したたかに文化を育んだ京都人。白か黒かでなく、正義か悪でなく、清濁あわせもつ、混沌(カオス)の矛盾の中で花開いたのが京文化なのです。一般的に、二者択一の選択の中に真理はありそうですが、矛盾の中に真理を求めた、とあるのは、すごい一文だと思います。

錦市場のそばに住んでいた

私の中にも矛盾と混沌とが満ちていた、時間。私が錦市場の近く住んでいた時があります。そこは、事情で、半年位で引っ越してしまったのですが、京野菜の溢れる錦市場近くに住めたのは、楽しい思い出でした。生きづらいのに、何故か、楽しくてしかたがなかった、不思議な日々だったなあ。友人と、アホみたいな事をしゃべりながら、または一人で腹をすかせて、錦市場を歩きました。美味しそうな漬物や、京野菜、魚を毎日のように見て歩きました。1本筋の通った伝統なのに、やわらかい性質で人を裁かない混沌の京文化の中で、実に私は慰められた気がします。

古いのに新しい

古い人間が新しい事をする。抽象なのに、手にとるように季節を感じさせる。繊細な柔らかい土壌から、大胆で豪胆な手法で、新しい潮流を作る京文化。この矛盾の美こそが京都と京和菓子の美しさ、美味しさなのでは、と私は、思っています。

京の台所においでやす

錦市場は京の台所。京の食文化をみわたせるような市場です。長い通りですが、色々な珍しい京都独自のものがあり、少しも退屈しません。京野菜や、豆腐、漬物、魚や、肉、京都の地鶏、おばんざいが、ところ狭しと並べられ、観光客から、一般の主婦、料亭の板前さんたちが、ごちゃごちゃになりながら、華やかな喧騒を繰り広げています。年末は、それがさらに、盛り上がり、押し合いへし合いしながら、実に楽しい雰囲気。甘さ控えめでヘルシーな、豆腐ドーナツや、豆乳ソフトなど、食べながら、ぜひ、あなたも錦市場を散歩してみてください。

2006年12月8日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス