[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の行事 福豆 のお菓子

京都の節分(きょうとのせつぶん)

恵方巻き
イメージです

恵方巻きの思い出

京都の節分の思い出といえば、恵方巻きでしょうか。今年の恵方と呼ばれるお目出度い方角を向いて、切っていない太巻きを丸ごと食べる。食べ終わるまで口を決してきいてはいけません。口をきいてしまったら、福が逃げるといわれています。

学生時代、よく大勢でやりました。何十人もいっせいに同じ方向を向いて食べるのは、思い出しても楽しい光景でした。先に食べ終わった人が、食べてる人を笑わそうと、ふざけるのはお約束ですな。

関西だけの行事

最近知ったのですが、これ関西だけだったんですね。なんでも海苔屋さんが仕掛けたここ十数年のイベントだとか。東京出身の連れ合いに初めてこの行事に付き合わせたとき、

「俺、こわかったよ。いきなり、ある方向を向いて黙って食べだすんだもんな。テレビのドッキリとかと思ったよ。本当に関西人は変だね」と言った。

しかし、毎年節分が近づくたびに

「俺、恵方巻きなんて、やらないっ!やらないからなっ!あんな恥ずかしいことっ!」

とムキになって言うのは、実はやりたいのでは?と思う私でした。

京都の節分

田道間守命(たじまもりのみこと)節分では、災厄をはらうものとして、炒った豆をまく風習があるのは全国的です。

京都の節分の行事としては、各神社で節分会(せつぶんえ)が行われ、福豆や餅がまかれたり、鬼の扮装をした人が出てきて厄払いをしたりします。

詳しくはAll Aboutの「京都の節分祭」(2002年)「節分祭で福をつかもう 鬼や舞妓さんも登場!京の節分」(2005年)という記事もどうぞ。

京都左京区、京都大学近くの吉田神社、節分には毎年大々的な屋台がくりひろげられ、圧巻です。この吉田神社には、田道間守命(たじまもりのみこと)をはじめとする菓子の神様をまつった、菓祖神社があります。そこに年に一度、京都中の豆菓子が奉納されます。

楽天で節分のお菓子
Yahoo!で買える節分のお菓子
2007年1月18日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス